わかやましみんとしょかんじどうしつ 「こどものへや」

わかやましみんとしょかん じどうしつ 〒640-8222 わかやましみなとほんまち3-1 (073)432-0010
こどものへや/わかやましみんとしょかん じどうしつ/〒640-8222 わかやましみなとほんまち3-1 (073)432-0010
じどうしつあんない ほんをさがす Q&A てんじ・とくしゅう
この本おもしぇいでぇ Big Book

この本おもしゃいでぇ

書名五十音検索

わかやまこども市報でご紹介しています。
分類別索引はこちら

書名 著者 出版社 解説 詳細
アイアン・マン 鉄の巨人

テッド=ヒュース作
神宮輝夫作

講談社

村にとつぜんあらわれた鉄の巨人は,トラクターやトラックが大好物。くず鉄おきばで毎日,鉄をたべつづけていた。そんなある日,宇宙のはてからとほうもない怪物がまいおりてきた。オーストラリアに着陸し,あごをインド洋にのっけるほどのばかでかさ! 鉄の巨人は,怪物に戦いをいどむ。


あいうえおのきもち

ひろかわさえこ/作

講談社

「あ」ってどんな気持ち?「へ」って何かに似ていない?
気持ちはときどき変わるもの。楽しい「あ」、さみしい「あ」、うれしい「あ」
ああ、いーっ、う、えっ、お、どれが、いちばん今の気持ちにぴったりですか?
ひらがな ひとつひとつの詩に、いろんな気持ちがつまっています。
大きな声で、ときには、ささやくように、ぜひ声に出して読んでください。


アイスマン 5000年前からきた男

デイビッド・ゲッツ著
ピーター・マッカーティー画
赤沢威訳

金の星社

1991年、アルプスの氷河の中から凍死体が発見された。そうなんした登山者か? と思われたが、石のおのも発見され、調べてゆくと…世界中の考古学、法医学、人類学などさまざまな分野の科学者が「アイスマン」のなぞにせまる。


あかてぬぐいと7人のなかま

イヨンギョンぶん
かみやにじ やく

福音館書店

ある日、おはりの上手な「あかてぬぐいのおくさん」は、うたた寝をしていました。するとおはりの7つのどうぐたち(ものさし、はさみ、はり、いと、ゆびぬき、のしごて、ひのし)がでてきて、一番大事な仕事をしているのは自分だとそれぞれが自慢しはじめました。さてその結論はでるのでしょうか。


明日もいっしょにおきようね

竹脇麻衣/絵
穴澤賢/文

草思社

あるところに、捨てられた犬や猫が集められる小さな建物がありました。寒い冬のある朝、1匹の大きなオス猫がやってきます。ちょっと怖い顔をしているけど、おっとりした食いしん坊な猫です。でもこのままでは、処分されてしまいます。なんとかその猫の命を救いたいノリコさんは…ある保険所で本当にあった猫と人とのあたたかで、ふしぎなめぐりあわせの物語です。


あのときすきになったよ

薫くみこ 作
飯野和好 絵

教育画劇

おしっこもらしてばっかりいるので「しっこさん」ってよばれている女の子。でも、わたしは名前でよんでいる。しっこさんは、ときどきわたしのじゃまをするのですきじゃなかったのに…。しっこさんのやさしさ。思いやりを知るできごとをきっかけに二人のあいだに友情がめざめる。


アルミ缶の実験

高梨賢英 著
さとう智子 絵

さ・え・ら書房

このシリーズは、身近な材料を使って、いろいろな実験や遊びをしながら、それらのもつ科学的性質をときあかしていくたのしい科学あそびの本です。ほかにも、ストロー、牛乳パック、ティッシュなどを使った実験もあるよ!夏休みの自由研究に困っている人におすすめの本です。


石の卵(たくさんのふしぎ傑作集)

山田英春/文・写真

福音館書店/発行

「ドラゴンの卵」「雷の卵(サンダーエッグ)」とよばれている石があります。外側は色も模様もないのに、まっぷたつに割ると中にきれいな模様がかくれています。「ドラゴンの卵」の中にはガラスのように輝く石が爆発を起こしたような形で入っています。また、貝やアンモナイトが化石になっていることもあります。「雷の卵」は石の中に稲妻もようの鉱物が入っています。海や山で長い時間をかけて地球が生み出した石の卵です。
 この本には、ドラゴンや雷が本当に閉じこめられたように見える石の写真がたくさん載っています。地球の歴史など、写真を見ながらいろんなことを想像してみてください。


いじめられている君へ  いじめている君へ

朝日新聞社 編

朝日新聞社

多くの人が自分の体験をわかりやすい言葉でかたっています。心に深くひびく言葉もあります。いまいじめに悩んでいる君も、関係ないと思っている君も、何か変わる1冊。


異常にふえるホテイアオイのなぞ

長谷寛 文・写真

大日本図書

この本はホテイアオイのいろんな”ふしぎ ”たとえば、葉柄のふくらみは、なんのためにあるのか。また、異常なふえかたのひみつなどをだれにでもできる観察や実験をとおして勉強してゆく。夏休みの自由研究にこまっている人におすすめの本。同じシリーズでほかにもたくさんあるよ!


いたずら人形チョロップ

たかどのほうこ 作・絵

ポプラ社

チョロップはとてもいたずらな人形です。キムヅカさんの家にもらされてきました。キムヅカさんの家はみんなそろって気むずかしいのですが、チョロップは犬のシロといっしょに、次々といたずらをしかけます。チョロップのちょっとしたいたずらをきっかけに気むずかしいキムヅカさん一家は…?


1年ぼうずもらくじゃない

ネストリンガー 作
ひらのきょうこ 訳

偕成社

一年生のみなさんは、もう学校になれたかな。先生はやさしい? ともだちできたかな。この本にでてくるフランツはね、せっかく一年生になったのに、おもしろくないことばかり。勉強は頭に入らないし、先生はすきになれないし、だいすきなガビとはべつのクラス。おまけに、クラスにはいじめっこがいる。フランツ大ピンチ!


1年366日のひみつ

竹内誠 監修
大橋よしひこ まんが

学習研究社

今日はどんな日?きみの誕生日はどんな日かな?毎年の行事、祝日など小学生が知りたい毎日のひみつを楽しく紹介。1年366日に関する豆ちしき事典。


いつもちこくのおとこのこ ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー

ジョン・バーニンガム 作
たにかわしゅんたろう 訳

あかね書房

いつも学校にちこくしている男の子がいました。ちこくのりゆうは、「マンホールからワニがでて…」「ライオンにかみつかれて…」 先生は「そんなばかなことあるわけない。」とおこります。<もう、うそはつきません。>と500回も書かされたジョン。でも、ジョンのいっていることは本当だったのです!


いぬがほしいよ!

ダイヤル・カー・カルサ 作・絵
ごとうかずこ 訳

徳間書店

犬がほしくてたまらないメイ。でも、パパとママから犬のせわをするには、まだ早いと言われてしまう。メイは犬をかうれんしゅうのために、ローラースケートにひもをつけてさんぽさせることにしました。


イヌの大常識

合津玲子 文
中島眞里 監修

ポプラ社

イヌの鼻は人間より100万倍もいいの?イヌを飼うまえの心構えなど知っているようで知らないイヌのことをやさしく紹介します。この本で人間の友達、イヌのすべてをしりつくしてね


いぬのマーサがしゃべったら

スーザン・メドー 作・絵
ひがしはるみ 訳

フレーベル館

マーサはふつうの犬。ある日、あいうえおスープをたべたら、にんげんのことばがしゃべれるようになっちゃった! スープのなかのあいうえおマカロニが、おなかじゃなく、あたまのなかにはいってしまったからだ。


いぬのマーサがでんわをしたら

スーザン・メドー 作・絵
ひがしはるみ 訳

フレーベル館

いぬのマーサシリーズの2冊目です。
マーサはふつうの犬。ある日、あいうえおスープをたべたら、にんげんのことばがしゃべれるようになっちゃった! スープのなかのあいうえおマカロニが、おなかじゃなく、あたまのなかにはいってしまったからだ。


ウエズレーの国


ポール・フライシュマン 作
ケビン・ホークス 絵
千葉茂樹 訳

あすなろ書房

ほかの子と違っているため、仲間はずれになっているウエズレー。そんなウエズレーが、夏休みの自由研究として「自分だけの文明」を作りだすことに挑戦する。自分だけの作物を育て、自分だけの服を作り、「遊び」を考えだし、ついに「文字」まで発明する壮大な物語。


「うそじゃないよ」と谷川くんはいった

岩瀬成子 作
味戸ケイコ 絵

PHP研究所

クラスのだれとも口をきかない女の子、るい。そんなるいに、「ぼくとは話せよ」と転校生の谷川くんがはなしかけてきた。そんなことをいう人は、はじめてだった。るいは、谷川くんとならしゃべれるかもしれないと、考えはじめる。星を見るのがしゅみで、両親がブラジルにいるという谷川くん。でも谷川くんにはひみつが…


うそつきの天才

ウルフ・スタルク 作
菱木晃子 訳
はたこうしろう 絵

小峰書店

ウルフは、らくだい点だらけのおちこぼれ。でも、パパやママはゆうとう生だと思っている。わるい点の答案用紙に、自分でパパのサインをして、だましているからだ。でも、ついに先生にみつかった!もう、もう、うちに帰れないよ…。


宇宙からきたかんづめ

佐藤さとる/作
岡本順/絵

ゴブリン書房

いちごジャムを買ってくるように頼まれたタツオが、スーパーマーケットで出会ったしゃべるかんづめ。そのかんづめは、地球がどういう星かを調べるために、遠い宇宙の果てからやってきたらしい。かんづめを家に持ち帰ったタツオは、ときどき机の上のかんづめをトントンたたいては話をせがみます。かんづめが聞かせてくれる話は奇想天外なものばかり!不思議な話をたくさんしてくれるかんづめだけれど、その中はいったいどうなっているのでしょう…?


海の工作図鑑

岩藤しおい 著

いかだ社

海へいってひろってきた貝がら・海草・流木・ビーチグラスなどでつくる工作。山へいってみつけた野の花、葉っぱでつくれる工作などいっぱい…。夏休みの宿題のさんこうにしてみてね。


うらやましやゆうれい

苅田澄子/作
たごもりのりこ/絵

佼成出版社

<うらやましやゆうれい>は。ふつうのゆうれいではありません。ひとがもっているものをなんでも「うらやましや〜」って言って、もっていってしまいます。そんな<うらやましやゆうれい>が、おんぼろながやにひっこしてきた、はっつぁんおやこのいえにあらわれました。うらやましがられるのは、ちょっとうれしいけれど、<うらやましやゆうれい>は、ふとんやおもちゃ、かあちゃんのきものまでもっていってしまいました!!さあ、たいへん!ちゃんとかえしてもらうことができるんでしょうか。


ウルトラ貯金箱大図鑑

いのうえ せいしん 作
木村研 作
すずお泰樹 作

いかだ社

たぬきがおなかをたたく「ポンポコ貯金箱」コインが消えてあらわれる「忍者貯金箱」一年でどれだけたまるか「カレンダー貯金箱」などユニークな貯金箱の作り方を紹介。夏休みの自由研究などにどうでしょうか。


うんこのたつじん

みずうち きくお 文
はた こうしろう 絵

PHP研究所

1ねん2くみのみんなは、つぎのプールのじかんのきがえちゅうです。「うんこだ!」とおおきなこえがしました。まさくんがパンツをぬいだときに うんこがおちたというのです。まさくんのあしのよこには2センチぐらいのま んまるいうんこがひとつ。みんなまるはだかのまんま、うんこをみつめます。 そこへあきこせんせいがやってきて、うんこをつまんで「きれい!」だって。 うんこがちょっとたのしくなるおはなしです。


うんちしたのはだれよ!

ヴェルナー・ホルツヴァルト/文

偕成社

とつぜん、モグラくんの頭におちてきたうんち! 犯人はだれ? さがして歩くモグラくんに、動物たちは「あたしだったら こうするわ!」と、自分のうんちをみせてくれる。「エ〜ッきたないよ!」というあなた、でも理科の勉強になるかもよ。


絵くんとことばくん

天野祐吉 作
大槻あかね 絵

福音館書店

駅や街中でよく目にするポスターは、絵や写真とことばのくみあわせでできている。小学4年生のぼくも絵とことばを使って、“おこづかいアップ”のポスター作りにチャレンジ!みんなのおこづかいアップにも役に立つかも…?


えっちゃんの森

あまんきみこ 作
西巻茅子 絵

フレーベル館

えっちゃんは一年生。学校のかえりみち、むぎわらぼうしをかぶった男の子によびとめられました。「きみ、たぬきがすきだってね。」ぼうしをぬいだ男の子は、なんとたぬき。たぬきから手わたされた『たぬきしんぶん』をみると、どうでしょう。そこには、えっちゃんの写真と「たぬきがだいすきな、うめだえつこさん」のみだしが…


絵で見る ある町の歴史 タイムトラベラーと旅する12000年

アン・ミラード 文
スティーブ・ヌーン 絵
松沢 あさか 訳
高岡メルヘンの会/訳

さ・え・ら書房

あるふるい歴史をもつ町のものがたり絵本。石器時代から現代のまちなみまでページをめくるたびに時代はかわります。1ページに過去の生活がぎっしりつまっていて、じっくり見ればみるほどより多くのことがみえてきます。絵のなかにクイズもかくされているたのしい絵本です。


NHKにんげん日本史 坂本竜馬

小西聖一 著
酒寄雅志 監修

理論社

NHK教育テレビの人気番組が未紹介のエピソードなども含めて本になりました。黒船来航に揺れる日本。生き残る道は鎖国か開国。「日本を洗濯したい」と語った男が混乱の時代を駆け抜ける…。いっこく堂が坂本龍馬の生きたその時代をナビゲート。


絵本 江戸のまち

太田大輔/作

講談社

日本の首都・東京。東京の昔はどんなだったのでしょうか…?
この本の案内人・妖怪小僧といっしょに江戸時代の東京《江戸》のまちへタイムスリップ!!江戸のまちなみや暮らしには、今ではもう見かけなくなっているものと、今も変わらずずっとあるものがあります。
江戸で暮らす人びとの表情がいきいきと感じられる本です。どのページにも妖怪小僧がかくれています。どこにいるか探しながら、江戸のまちをのぞいてみよう!


絵本世界の食事1 フランスのごはん

銀城康子 文
マルタンフェノ 絵

農文協

世界の人たちは、どんなごはんを食べているんだろう?世界のごはんをのぞいてみよう!それぞれの国で、よく食べられているごはんのレシピものっているよ。調べ学習にもピッタリなシリーズです!!


絵本世界の食事2インドのごはん

銀城康子 文
高松良己 絵

農文協

世界の人たちは、どんなごはんを食べているんだろう?世界のごはんをのぞいてみよう!それぞれの国で、よく食べられているごはんのレシピものっているよ。調べ学習にもピッタリなシリーズです!!


えもじ

谷川俊太郎 文
堀内誠一 構成

福音館書店

サインやマークは、形と色でいろいろなことを伝えてくれる。だれでもすぐわかる世界共通のいもじです。わたしたちの身のまわりには、たくさんのサインやマークがあり、生活や安全のために必要なものです。家の中、町の中にあふれているえもじを一度チェックしてみてはどうかな?


エレベーター・ファミリー

ダグラス・エバンス 作
清水奈緒子 訳
矢島眞澄 絵

PHP研究所

ウィルソン一家は、バカンスを楽しむためにホテルにやってきました。あいにくホテルは満室。でも、一家はすぐにすばらしい空き室をみつけました。全身が映る鏡、電話、床いっぱいに敷きつめられたじゅうたん。<閉>と書かれたボタンをおすとドアが閉まり、上に向かって動きだす特別な装置。そう、ウィルソン一家が泊まることにした部屋は、エレベーターだったのです。


えんにち奇想天外

斎藤孝 文
つちだのぶこ 絵

ほるぷ出版

おじいちゃんと子どもがえんにちに出かけ「五臓六腑にしみるねー」「電光石火のはやわざ」などの会話をくりひろげる四字熟語絵本。本の最後に絵本でつかった四字熟語のかいせつもあるよ。声にだしてよんでみよう。


おいでフレック、ぼくのところに

エヴァ・イボットソン/著
三辺律子/訳

偕成社

ハルは犬が大好きな男の子。ぬくぬくしていて、安心できて、いっしょにいるだけで幸せな気持ちになる、そんな犬がほしいのです。しかし、ハルの気持ちをまったく理解できない両親は、おてがるペット社から週末だけのレンタル犬、フレックを借りてきます。ひと目でひかれあったハルとフレックは、ふたりを引き離そうとする大人たちを前に、ある決心をします。ひとりと一匹をとりまく、人間たち、犬たちの、さまざまな人生模様に、心温まる物語。犬の幸せって何でしょう?


王さまライオンのケーキ はんぶんのはんぶん ばいのばいのおはなし

マシュー・マケリゴット/作・絵

徳間書店

王さまライオンが動物たちを食事に招いてくれました。デザートは大きなケーキ。王さまは「自分のぶんをとって、となりにまわしなさい」と言ってケーキをまわしました。
1番目のゾウはケーキを半分取ってまわし、2番目のカバはさらにその半分取ってまわしました。みんなが半分ずつ取ったので、ケーキはどんどん小さくなって、アリにまわってきた時には、かけらしか残っていませんでした。しかも最後のケーキのかけらは、全部アリの皿に入ってしまいました。まだ王さまがケーキを取ってないのに!
アリは王さまにおわびのケーキを作ると約束します。それを聞いたくいしんぼうでみえっぱりな動物たちは…?


オオカミがやってきた!

うちだちえ 作
山口マオ 絵

童心社

ひつじたちが、楽しくくらしているひつじの村。その村をいっぴきのはらぺこオオカミがねらっています。ひつじたちは、きんきゅうかいぎ。オオカミが もう来ないように、こわいめにあわせることになりました。なんにもしらないオオカミは、ひつじをたべた自分をそうぞうして、ついニタニタ。ひつじがオオカミをおいはらうのか、オオカミがひつじをたべるのか。それはよんでのおたのしみ。


大きいツリー 小さいツリー

ロバート・バリー 文と絵
光吉夏弥 訳

大日本図書

大金持ちのウィロピーさんが買ったクリスマスツリーは、大きすぎて天井につかえちゃった。そこで、先っぽをちょんと切った。その先っぽは小間使いのアデレードがもらった。アデレードの部屋でまたつかえたツリーの先っぽは、庭師のうちへ。庭師のうちでもつかえたツリーの先っぽは… ラストのオチは読んでのお楽しみ!


おおきな一日

長倉洋海 写真
坂文子 文

佑学社

内戦や紛争状態にある12ヶ国の子どもたちの、ある日の生活を紹介したちょっと変わった写真絵本。朝の難民キャンプをそうじするエルサルバドルの女の子、店番しながら勉強する南アフリカの子ども、日没の礼拝をするインドネシアの少女たち…。きびしい生活なのに、どの子の顔もキラキラしている。写真をとった長倉さんのあとがきに「日本には戦争がないの? それならいってみたいなあ」と言ったアフガンの難民の子どもの話が紹介されています。


大きな大きな おだんごなべ

パウル・マール 作・絵
上田真而子 訳

偕成社

おだんごのだいすきな<ふとっちょペーター>と、おくさんの<ふとっちょペタコさん>。まじょをたすけたおれいに、たべてもたべてもなくならないおだんごおなべをもらった。でも、だれかにぬすまれないかとしんぱいばかり。どうしたとおもいますか。


オオサンショウウオ

福田幸広/しゃしん
ゆうきえつこ/ぶん

そうえん社

日本の特別天然記念物に指定されている、オオサンショウウオを、みなさんは知っていますか?なんと最大で150センチメートルにもなる、世界で一番大きな両生類です。ずっしりとした手足に、茶色がかった体。見た目は少しこわいけれど、実はとってもユニークな生きものなのです!ナゾにつつまれたオオサンショウウオの生活や、子育て方法…。ページを開いて、あなたの目でたしかめてみてください。 


大天狗先生のマル秘妖怪学入門

富安陽子/著

少年写真新聞社

岩根山のてっぺんで、大天狗が学校を開きました。集まった生徒は、三びきの小天狗たち。大天狗は小天狗に「まずは自分自身のことを知らなくてはならない」と授業を始めます。
みなさんは【妖怪】ときいて、どんなイメージを持ちますか?こわいもの?へんなもの…?この本では、そんな妖怪のうまれた歴史や、どんな妖怪がいるか、などが紹介されています。目には見えない、ふしぎな存在…でも、もしかしたらいるかもしれない・・・!?あなたも小天狗たちといっしょに妖怪について学びませんか? 


お母さんの変身宣言

川越文子 作
相沢るつ子 絵

文研出版

わたしのお母さんは、3か月前まで、もうしぶんのないお母さんでした。ところが、お母さんは、3か月前の誕生日にある宣言をしてから、ころっと人格がかわってしまったのです。お母さんのある宣言とは…。そして、ある日をさかいに、お母さんのようすがへんなのです。いったい、お母さんに何があったのか…。


おしえてさかなクン

さかなクン 著

PHP研究所

テレビでもおなじみおさかなだいすき、さかなクン。さかなクンが、さかなにまつわるさまざまなはなしをおしえてくれる。さかなのイラストもさかなクンがかいています。とっても楽しい絵です。この本でさかな博士になれるはず…


おしゃれトラブル1

田沢梨枝子 文・絵

汐文社

みんなのもっとも関心のある「おしゃれ」についてわかりやすく説明。茶髪にしたら髪はいたむの?お化粧してみたいけど肌にいいの?からだによくないおしゃれ、からだにやさしいおしゃれ法などイラストで紹介。
シリーズもあるよ。


おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん

長谷川 義史 作

ブックローン出版

「おじいちゃんのおとうさんはどんな人?」ぼくのおじいちゃんをどんどんさかのぼってみると、ぼくの知らないおじいちゃんたちがいっぱい。そしてさらにさかのぼると…?ひいひいひいひい……おじいちゃん数えられるかな!君のおじいちゃんのおじいちゃんはどんな人だろう?おうちの人に聞いてみましょう。


おっと合点承知之助

齋藤孝文 文
つちだのぶこ 絵

ほるぷ出版

おじいちゃんと子どもたちが、「驚き桃の木山椒の木」「その手は桑名の焼蛤」など、調子のよいことば遊びをくりひろげます。『でこちゃん』でお馴染みの、つちだのぶこさんの絵がそれをさらに楽しいものにしています。ぜひ声に出して読んでください。新しい付け足し言葉を作ってみてもいいかも。


お天気おねえさんのお仕事

真壁京子 著

PHP研究所

本を書いたのはお天気予報の専門家・気象予報士でテレビのお天気キャスターです。気象予報士になったわけと、お天気番組の舞台裏、そしてお天気の知識をもつことの楽しさを教えてくれます。


おとなってじぶんでばっかりハンドルをにぎってる

ウィリアム・スタイグ 作
木坂涼 訳

セーラー出版

こどもからみて大人ってどんなだろう? 「おとなって、やりたいほうだい。おとなって、電話をひとりじめする。おとなって、こどもが礼儀正しいとうれしがる。おとなって、すぐつかれちゃう。おとなって、朝寝坊。」一つでもそうだよねとうなずいている人がいたら手にとっとみてね。


おとなりさん

きしらまゆこ さく
高畠純 え

ブックローン出版

森のおくにある赤いやねの家にすむにわとりは、なんだかわくわくしています。おとなりの青いやねの家に、だれかがひっこしてきたようです。ところが、早く会いたいのにおとなりさんとはなかなか会うことができません。おとなりさんは、いったいだれなの?正体のわからないおとなりさんとの すれちがいが楽しいおはなしです。


おにもつはいけん

吉田 道子 文
梶山 俊夫 絵

福音館書店

いとこのあゆみに金魚をとどけるため、こむぎとおにいちゃんは大好きな電 車でとなり町へ。ところがとちゅう、車内を見て回る車掌はなにやらあやしげです。「おにもつはいけん」ときっぷではなく荷物を気にしてばかり。こむぎ はぶじ金魚をとどけられるでしょうか。山を行くふしぎな電車のお話です。


おねしょの名人

山田真・柳生弦一郎 著

福音館書店

ぼくは、まいばんおねしょする。だから「おねしょの名人」っていわれている。でもね、子どものおねしょはふつうのことで、大人の体になるのが早いかおそいかだけなんだって。おしっことはなにか? おねしょは病気なの?という疑問に、お医者さんがわかりやすく答えてくれる絵本。


おばけの長七郎

ななもりさちこ/作
きむらなおよ/絵

福音館書店

古道具屋『へなもんや』の源ジイにひろわれたオバケの長七郎は、消えることも、ばけることもできない半人前のおばけです。みんなをこわがらせたいのにだれもこわがってくれません。だって、ぷるんと丸くて、しっぽのとんがったかわいいオバケですから。はやくりっぱなオバケになりたくて、かべぬけやばける練習をするのですが、なかなかうまくいきません。商店街のにんきもの、オバケの長七郎のゆかいなおはなしです。


おばけ道、ただいま工事中!?

草野あきこ/作  
平澤朋子/絵 

岩崎書店

ある日の真夜中、おばけ協会からサトという女の子がやって来た。ぼくと同じ小学四年生だ。死んだ人がおばけ界へ行くための『おばけ道』の修復工事をするのでぼくの部屋を使いたいと言う。そこで一週間限定で、ぼくの部屋に仮のおばけ道が通ることになった。おばけクーポンのお礼つきだ。ところが、ネコのマロンがおばけ道に飛びこんでしまった。大変、マロンをさがしに行かなきゃ!


オバマ

ロバータ・エドワーズ 著           ケン・コール 絵

岩崎書店

アメリカ合衆国第44代大統領バラク・オバマ氏。決してめぐまれている、とはいえない家庭環境で育ちました。初のアフリカ系アメリカ人大統領となるまでを描いています。


おふろのなかからモンスター

ディック・キング=スミス 作        金原瑞人 訳               はたこうしろう 絵

講談社

カースティンとアンガスは、嵐のあとの海で不思議なふくろをひろった。「人魚のお守り」と呼ばれるツノザメの卵に似ているけれど、それより二十倍も大きい。二人は家族にないしょで、ふくろをおふろの水にいれてやった。塩をちょっぴりほうりこむのも忘れなかった。よく朝、二人がふろばで見たものは…。


おまかせツアー

高畠 那生 作 絵

理論社

ここはとあるどうぶつ園。しばらくお休みをとって、みんなで旅行に出かける ことになりました。どうぶつたちは旅行のじゅんびにおおいそがしです。ところでこの旅行、じつは行き先が決まっていません。ひこうきに乗って、パ ラシュートでとびおりる!風まかせのおまかせツアーなのです。どうぶつたち はどこに着くのでしょう。お休みがおわるまでにどうぶつ園に帰ってこられる のでしょうか?


おやおやじゅくへようこそ

浜田桂子/作

ポプラ社

<おやおやじゅく>は、おやがかようじゅくです。先生はなんとこどもです!おやたちが、こどもとゆかいにくらすためにべんきょうします。げっしゃはむりょう、先生はやさしくてゆうしゅう、せいせきはかならずアップする、とってもすごいじゅくです。じゅくのじかんわりは、「こどものおしごとをべんきょうする」「おやのおしごとをべんきょうする」「トレーニング」「ドリルでテスト」の4じかんです。こどもは、入れないおやだけのふしぎなじゅく。ちょっとのぞいてみませんか?


お洋服リフォーム支店

あんびるやすこ 作 絵

岩崎書店

転校してきたばかりのナナがみつけた森の中のすてきなお店。お洋服リフォーム支店の主人は、ナナとおなじくらいの女の子シルク。トントンと小さなノックをしたのは、ねずみのお客さん。いったいどんなお願いなのでしょうか。


女の子はサンタクロースになれないの?

エルフィー・ドネリ 作
津尾美智子 絵

国土社

サンタクロース家では、男の子は10さいになるとサンタみならいになるきまり。でも男の子のウィリーは、サンタになりたくない。女の子のウィルマの方がサンタになりたいのだ。けれど、現役サンタのお父さんは「サンタは男にきまってる!」っていうし…こまった! 「男だからなくな」とか「女だからおとなしく」とかいわれて、ちぇーと思っている人、よんでみてよ。


書名 著者 出版社 解説 詳細
かえるのそらとぶけんきゅうじょ

村上勉/作

偕成社

森のはずれのどんぐりの木に、かえると、あまがえると、とかげが暮らしています。
ある日、どんぐりの木にあらわれた「けむくじゃら」。「けむくじゃら」は、どんぐりの葉をすごいいきおいで食べ続けます。やがて、その「けむくじゃら」がちょうちょになったことを知ったかえるは、いったいどうすれば空をとべるのか、研究することにしました。
なんど失敗してもくじけずに研究を続けるかえる。読みおわったあと、前向きな気持ちになる一冊です。


かげ

スージー・リー 作・絵

講談社

かげってふしぎ。わたしが動くとそのとおりに動く。手をひらひらさせたり 、何かを持ってみたり…。女の子がかげであそんでいるうちに、いつの間にか かげの世界に入りこんでしまいます。文はほとんどないけれど、女の子のひとりごとが聞こえてくるようです。まずは、手にとってめくってみてください。


かしこいブタのロリポップ

ディック・キング・スミス 作
ジル・バートン 絵
もりうちすみこ 訳

アリス館

わがまま王女が誕生日におねだりしたのは、やせっぽちのブタのロリポップ。ロリポップはとびきりかしこいブタでした。もとの飼い主ジョニーはお城の中でもロリポップがおぎょうぎよくくらせるようにしつけるため、ロリポップと一緒にお城で住むことになったのですが、ブタだけでなくわがまま王女のしつけもすることになり…。


風が吹くとき

レイモンド・ブリッグス 作
さくまゆみこ 訳

あすなろ書房

イギリスのいなかでのんびりくらしていたジムとヒルダ。ある日、とつぜん核戦争が始まります。二人は政府がなんとかしてくれると信じ、たすけをまちますが…。「さむがりやのサンタ」でおなじみの作者が18か月をかけてかいた絵本です。少しむずかしい言葉や漢字がでてきますが、大人の人をさそって、いっしょに読んでみてください。


カッパのぬけがら

なかがわちひろ 作

理論社

<およぐな、キケン> の立てふだのある川でおよいでいたゲンタは、水草で作ったカッパのあみにつかまってしまった。どうやら、このカッパはこの世でさいごのカッパらしい。ゲンタはカッパがかわいそうになり、百年にいっぺんだけ脱皮するカッパのぬけがらを着て、カッパとくらすことにした。


神々の住む深い森の中で

丘修三 文
岡本順 絵

フレーベル館

5年の大介は山で道にまよい、人間の言葉を話す動物たちにつかまってしまう。満月の夜、動物を殺したものや自然をはかいしたものをさばく「人間のさいばん」が始まった。動物も殺さず、自然もはかいしなかった大介だが、「一部の人間の悪いおこないを止める努力をしなかった」として、自然牧場ゆきの刑に!


火よう日のごちそうはひきがえる

ラッセル・E・エリクソン 作
ローレンス・D・フィオリ 画
佐藤涼子 訳

評論社

おそうじ好きのウォートンと、お料理好きのモートンは、なかのいいひきがえるの兄弟。ある冬の日、モートンのつくったかぶと虫のさとうがしが最高においしかったので、ウォートンは、おばさんにとどけることにしました。ところが、ウォートンはみみずくにつかまってしまったのです。みみずくのたんじょうびのごちそうとして…。


かわいいゴキブリのおんなの子 メイベルのぼうけん

ケイティ・スペック/作
おびか ゆうこ/訳
大野 八生/絵

福音館書店

きれいずきなピーボディさんのおうちは、すみからすみまできちんとしています。しかし、実はれいぞうこの下に一匹のゴキブリの女の子がひっそりとくらしているのです。彼女の名前はメイベル。とても食いしんぼうで、おいしそうな食べ物を前にするとじっとしていられません。メイベルのつまみぐいのせいで、ピーボディさんのまわりは大さわぎ!メイベルはどんなごちそうをいただけるのでしょうか。


きえた犬のえ

マージョリー・W・シャーマート 文
マーク・シマント え
光吉夏弥 やく

大日本図書

パンケーキが大すきで大すきな犬のファングをかっているネートくん。じつはめいたんていなんです。といっても、さつじんじけんやダイヤモンドがぬすまれた、というような大じけんはありません。きってがなくなった‥とか、かいもののメモがゆくえふめい‥というようなじけんです。でもね、ネートくんのなぞときはコナンよりおもしろいかも!


キツネ山の夏休み

富安陽子 文・絵

あかね書房

弥は、夏休みに、おばあちゃんのいる水と伝説の町稲荷山に遊びに行きます。昼は山の中をかけ回ってムシ採りを、夜は縁日に出かけ祭りを楽しみます。また、キツネであるオキ丸と風に乗って空を走り、病気の女の子を助けたり、悪者をこらしめたり、野良猫に水グモの精から助けられたり、不思議な出来事がいっぱいのお話です。


木でつくろう手でつくろう

遠藤敏明/著

小峰書店

僕は木材工芸作家。ヨーロッパの北のほう、スウェーデンで、木材工芸を学んだんだ。スウェーデンはとてもおもしろい国。小さな子どもから、熊のような大男まで、手作りが大好きなんだ。また、スウェーデンには身近なところに森がたくさんある。人々は、その森の恵みを受けて暮らしている。ものづくりはむずかしい?いいや、そんなことはない。アイデアをふくらませ、ひらめきに心おどらせて、作る喜びを感じてごらん。大切なのは、その時間を楽しむことなんだ。


木の実ノート

いわさゆうこ 作

文化出版局

この本を持って、秋をさがしにでかけてみよう。街路樹や公園の木にも、ほら、実がなっているよ。ムクロジの実では、シャボン玉が作れるそうだよ。どんぐりだこや、クリクッキーの作り方も紹介されているよ。どんな味かな?


きみのからだのきたないもの学

シルビア・ブランゼイ 文
ジャック・キーリー 絵
藤田紘一郎 訳

講談社

ゲロ、げり、はなくそ、うんち… 「うわあ、きったなー」とさけんでいるあなた。でも、あなたの体からもでるやろ。「ぼく、だせへん。」っていう人、いてへんでしょ。「なんで、こんなもんでんの?」きたないもんには、りゆうがある。きたないもんからからだをかんがえる、おもしゃい絵本やで。


今日から図書委員 小学校版

全国学校図書館協議会 編

全国学校図書館協議会

初めて図書委員になった人も何度か図書委員になったことのある人にも役立つハンドブック。学校図書館のはたらきから、図書館のせんもん知識まで説明してくれている。


ギグラーがやってきた!

ロディー・ドルイ 作
ブライアン・アジャール 絵
伊藤菜摘子 訳

偕成社

キグラーは、カメレオンみたいに毛の色が変わる奇妙な生き物。見た人はほとんどいない。いつも子どものあとをついてまわっている。子どもにひどいことをした大人には、罰として「キグラー作戦」を実行する。「キグラー作戦」っていうのは、犬のうんちをふませること。今日の標的はミスター・マック。巨大な犬のうんちまであと数歩。あやうしミスター・マック!


くものすおやぶん とりものちょう

秋山 あゆ子 さく

福音館書店

くものすおやぶんの仕事は町の平和を守ること。今日も見回りをしていると、おだんごやさんがおやぶんを呼んでいます。なんと盗っ人からの予告状が届いたのです。春まつりのために用意したおだんごを盗まれては大変!おやぶんは得意のクモの巣でおだんごの入った蔵をガッチリ包みますが…。くものすおやぶんの活躍は読んでみてのおたのしみ〜。


くもりのちはれせんたくかあちゃん

さとう わきこ 作・絵

福音館書店

せんたくの大好きなせんたくかあちゃん、大きな凧にものほしなわをはって、せんたくものをほしていきます。凧は雲の上までのぼっていって…。スケールの大きな楽しい話。


くらべてわかる食品図鑑1 お菓子と飲み物

家庭科教育研究者連盟 編著
田村孝 絵

大月書店

クッキーとビスケット。アイスクリームとソフトクリーム。チョコレートとココアなど、よく似ているけどちがいをこたえられない食品をくらべて、食品の歴史などもわかりやすく説明してくれているよ。


ケイゾウさんは四月がきらいです

市川宣子/作
さとうあや/絵

福音館書店

このおはなしの主人公はにわとりのケイゾウさん。ひとりしずかに毎日ようちえんでおこるいろいろなことをながめています。ある日、うさぎのみみこがやってきたことで、ケイゾウさんの生活はかわります。毎日ケンカばかりするケイゾウとみみこ。ケンカするほどなかがいい?!二人はこのさき、なかよくなれるのでしょうか?


賢女ひきいる魔法の旅は

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ/作
アーシュラ・ジョーズ/作 

徳間書店

ここ北の島スカアでは、賢女の一族の女の人は12歳になると賢女になるための儀式がある。なのに、私は失敗してしまった。ひとつの幻も見なかった。島一番の強い魔法を持つ賢女のおばさんに教えてもらっているはずなのに。
落ち込んでいる間もなく、大王の命令で、叔母さんといっしょに、10年前に東の島ログラへさらわれた皇子を救出する旅に出ることになってしまった。
行く先々で風変わりな仲間が加わったのはいいけれど、おばさんが魔女に呪いをかけられてしまった。
そこで、私が一行をひきいることに…


ケンタのとりのすだいさくせん

山下 美樹 作
市居みか 絵

文溪堂

ケンタくんはおふろがだいきらい。頭をあらうのはもっときらいです。お母 さんにおこられても、「明日あらうからいいよぉ」と、ごまかしてしまいます 。そんなケンタくん、ある日いいことを思いつきました。ことりに頭を貸して あげることにしたのです。ことりはよろこんで頭にたまごをうみました。お母さんも、ことりが子育てし ているのならしかたがないので、何も言わなくなりました。ところが、ことり との生活はたいへんなものだったのです!


ケーキをさがせ!

テー・チョンキン さく・え

徳間書店

犬さんが焼いてくれたおいしそうなケーキがどこかに行っちゃった…。犬さんとお友達がケーキをさがしています。でも待って!あれはだれのおとしもの?この子はどうして泣いているの?字のない絵本だけど、絵の中にたくさんのお話がかくれています。お友達とさがしっこするのも楽しいかも。ひとりひとりをよーく見ないとケーキのゆくえはわからないよ!


ケーキをもってピクニック

テー・チョンキン さく・え

徳間書店

ケーキをさがせシリーズの2冊目です。
犬さんたちが作ったケーキを持って、ピクニックに出発! ところが、丘の上までやってきておやつにしようと思ったら、ケーキがない!
字のない絵本だけど、絵の中にたくさんのお話がかくれています。お友達とさがしっこするのも楽しいかも。ひとりひとりをよーく見ないとケーキのゆくえはわからないよ!


こうえんのかみさま

すぎはらともこ さく・え

徳間書店

公園のかみさま「こうえんさま」。どうやら、みんなが毎日楽しく公園で遊ぶことができるのは「こうえんさま」がいるおかげらしい。大好きなけんちゃんと一緒に遊びたくて、公園でひとり虫とりの練習をする女の子まあちゃんが、ようやくつかまえた大きな大きなトンボをきっかけに「こうえんさま」と出会うちょっぴり不思議なおはなし。


コケシちゃん

佐藤まどか/作 
木村いこ/絵

フレーベル館

コケシちゃんは、4年1組にやってきたスイスからの体験入学生。どんな子が来るか、わくわくどきどき期待していた、マコちゃんとくるみは、おかっぱ頭に細い目をしたその子を見て、コケシちゃんとあだ名をつけた。
このコケシちゃん、見た目は「日本人そのもの」だけど、いばりんぼうの出井君にも、思ったことをなんでもはっきり口にする。ひっこみ思案で内気なくるみは、自分と正反対のコケシちゃんにとまどいながら、あこがれながら、次第に友情を育んでいく。日本のいいところ、スイスのいいところをお互いに認め合って、ちょっぴり大人になっていく子どもたちの物語です。


コブタカタブラ まほうのじゅもん

ズーザン・メドー 作・絵
ひがしはるみ 訳

フレーベル館

きのうコブタちゃんは、がっこうにいきませんでした。いつもとちがうバスにのったらとおいところにいっちゃったのです。それでオオカミにつかまって、もうちょっとでスープになるところでした。あの「コブタ カタブラ」のふしぎなちからをつかっていなかったら、いまごろは生きていなかったかも…


こぶたのピクルス

小風さち/文 
夏目ちさ/絵

福音館書店

こぶたのピクルスは元気いっぱいの男の子。今日もはりきって学校に出かけます。もちろん忘れ物はありません。お母さんといっしょにカバンの中身をてんけんしましたからね。スキップしながら歩いていくと、配達の途中のうしの牛乳屋さんに出会います。うしさんは何か忘れ物があるようですよ。それからも忘れ物をした人に次々と出会うピクルス。その度にみんなを手伝うピクルスですが・・・。さて、ピクルスは無事学校にたどりつくことができるのでしょうか?
 たまには失敗もしますが、いつもいっしょうけんめいなピクルスの楽しいおはなしです。


こぶたのぶーぷ

西内ミナミ/作 
真島節子/絵

福音館書店

林のなかのいっけんやに、こぶたのぶーぷが、ひとりできちんと暮らしていました。このお話は、こんな素敵な出だしで始まります。
ぶーぷはしっかりものだけど、あわてんぼうで、おっちょこちょい。「わあ、どうしよ、どうしよ。」が口ぐせです。家じゅうの大掃除を始めたら、はりきりすぎてあっちこっちでだいさんじ。そのたびに服を着替えたものだから、次の日には大洗濯をするはめになったり。車を消防車にしたてて火事はないかと出かけたら、スープを火にかけたままだったのを忘れて、危うく自分の家が火事になりそうになったり。でもどんな失敗にもめげません。ゆかいな7つのお話を、ぶーぷと一緒に楽しんで。


こりすのはつなめ

濱田 廣介 作
柿本 幸造 絵

ひさかたチャイルド

山のりすが冬じたくをしています。さむい冬がくる前に、おなかいっぱい食べ ておかなくてはなりません。そこへくまも食事にやってきました。りすは、く まにもおいしいぶどうを分けてあげました。でもくまは少しだけ食べて、あと は手のひらでつぶしてしまいます。どうして食べないの、とたずねると、くま はお父さんから聞いたというじょうずな冬眠の方法を教えてくれました。ふた りは春がまちどおしい約束もしましたよ。


これがほんとの大きさ!

スティーブ・ジェンキンズ 作
佐藤 見果夢 訳

評論社

ゴリラの手・世界一大きなクモ・ダチョウのたまご…。この本の動物の絵はどれもこれもほんものと同じサイズ。自分の顔や手とくらべると大きさがより実感できるよ。


これだけは身につけたい小学生の常識(マナー)67

谷田貝 公昭 監修
西方 毅 編
高橋 弥生 編

一芸社

マナーとは、人に迷惑をかけたり、いやな思いをあたえたりしない心がまえのこと。はじめは意識しながら行う必要がありますが、くりかえすうちに自然とマナーが身につきます。わかっているけど「まあ、いいや」と思っている人、本当に知らなかった人もぜひ読んでマナーを身につけてください。


これならおとくいジェラルディン

エレン・コンフォード 文
ジョン・ラレック 絵
岸田衿子 訳

リブリオ出版

ふくろねずみの女の子ジェラルディンは、おてだまが大すき。ある日、両親に「おてだまよりだいじだよ。」といわれて、バレエ教室に通いはじめました。でもざんねんなことに、ジェラルディンはバレエにむいていなかったのです。はたおり教室も、ちょうこく教室も、どれもうまくいかずがっかり。そんなジェラルディンにもとくいなものがあったのです。


コンビニエンス・ドロンパ

富安 陽子 文
つちだ のぶこ 絵

童心社

おとわやまの木の下で、キツネだんなが店をひらきました。その名は「コンビニエンス・ドロンパ」。スタッフはのっぺらぼうの店長とアルバイトのがいこつ。どんなおきゃくさんがやってくるのかな?おもわず見入ってしまうほど楽しい店内。こそどろイタチも店にしのびこみ・・。さあ店はどうなるのでしょうか。


ごきげんなすてご

いとうひろし さく

福武書店

おさるのような弟なんて大きらい。あたしはりっぱなすてごになって、すてきなおうちにもらわれるんだから!といえでしたのはいいけど、いぬやねこ、かめのほうがさきにもらわれちゃって…でも、あたしはあきらめないぞ! 「よその子になりたい。」とチラッとでもおもったことのあるあなたにおすすめの本。


ゴリラが胸をたたくわけ

山極寿一/文
安部知暁/絵

福音館書店

100年ほど前、ゴリラがヨーロッパ人によって発見されたころ、ゴリラが胸をたたくのは戦いを宣言し、相手をおどす行為だと考えられていました。ゴリラはこわいというイメージから、「キングコング」という映画まで作られたのです。
でも、ゴリラが胸をたたくのにはまったく違う理由がありました。一体、そのおどろくべき理由とは・・・?
 今まで知らなかったゴリラの世界をのぞき見できる一冊です。


書名 著者 出版社 解説 詳細
サイテーなあいつ

花形みつる 作
垂石眞子 絵

講談社

「ったくもー、サイテー! 四年生になっての最初の席ぎめでクジをひいたら、いきなり<ソメヤ ノリオ>なんだもんなー。」 かおるにとってサイアクのスタートになった一学期。おまけに、かおるがおたふくかぜで休んでいるあいだ、二人はラブラブだとうわさされ、かおるはなかまはずれに…。


サインとマーク

フレーベル館

サインやマークは、形と色でいろいろなことを伝えてくれる。だれでもすぐわかる世界共通のいもじです。わたしたちの身のまわりには、たくさんのサインやマークがあり、生活や安全のために必要なものです。家の中、町の中にあふれているえもじを一度チェックしてみてはどうかな?


サカサかぞくのだんながなんだ

宮西 達也 作

ほるぷ出版

原始時代子供8人大家族のパパとママが夫婦げんかをしています。「だんながなんだ」と家を出て行ってしまったママ。さあ、たいへんです!パパはママとうまく仲直りできるのでしょうか?回文(上から読んでも下から読んでも同じ)だけで、できている絵本です。君も友達といっしょに、さかさ言葉(回文)を作ってみましょう。


砂糖と塩の実験

高梨賢英 著
さとう智子 絵

さ・え・ら書房

このシリーズは、身近な材料を使って、いろいろな実験や遊びをしながら、それらのもつ科学的性質をときあかしていくたのしい科学あそびの本です。ほかにも、ストロー、牛乳パック、ティッシュなどを使った実験もあるよ!夏休みの自由研究に困っている人におすすめの本です。


さよならチワオ

なりゆきわかこ 作
金愛子 絵

ポプラ社

うまれたときからいっしょのチワワのチワオ。ぼくのおにいちゃんだったり、友だちだったり。楽しい日々がすぎ、いつしかチワオはおじいちゃん犬になってしまった。もうぼくといっしょに走れなくなった。チワオとさよならする日が近くなってきた…。


さらば、猫の手

金治直美 作
こぐれけんじろう 絵

岩崎書店

ぼくは、猫の手もかりたいほどいそがしい小学生だ。スイミングスクールに、ピアノに、じゅく、おまけに今日、先生から「漢字六百個」のバツ勉強までだされてしまった。このままでは、一番好きなマンガを描くひまがない。お母さんにじゅくのプリントをさぼったことがばれ、げんかんの外に追い出されたぼく。あてもなく町を歩くうちに、「猫の手」のはいったふしぎなガチャンポを見つける。


サリー・ジョーンズの伝説―あるゴリラの数奇な運命―

ヤコブ・ヴエゲリウス/作
オスターグレン晴子/訳

福音館書店

今から100年ほど前のあるあらしの夜、アフリカの熱帯雨林の奥深くで、ゴリラの女の子が生まれた。のちにサリー・ジョーンズと名づけられることになる彼女の人生には、数奇な運命が待ち受けていた。ずるがしこい人間たちの、様々な欲望にほんろうされながら、自らの運命を切り開いていこうとする、心やさしく、賢く、忍耐強いサリー。物語の息をのむ展開に、思わずこう願わずにはいられません。あぁ、サリー・ジョーンズに幸運を!


サンタクロースとまほうのたいこ

マウリ・クンナス 作
いながきみはる 訳

偕成社

クリスマスが近づきサンタ村は大いそがし。そんな中、一通のきみょうな手紙がサンタのもとにとどけられ、トントン、トトトントンーというぶきみなたいこの音とともに、次々にふしぎなじけんが‥手紙とたいこの音、いったいどんななぞがかくされているのでしょうか?


ざぼんじいさんのかきのき

すとうあさえ 文
織茂恭子 絵

岩崎書店

ざぼんじいさんは、あまいかきをいつもひとりじめ。「とろけちまうくらいあまいかき。わしの大事なかきはだれにもやるもんかい」と、みんなに見せび らかして食べるのです。となりにひっこしてきたまあばあさんに分けてくれるのも、かきのへたや葉っぱや枝ばかり。でも、まあばあさんはいつも「うれしいわ、ありがとう」と大よろこびです。そのわけは…。


しどうほうがく 狂言絵本

もとしたいづみ 文
青山友美 絵

講談社

日本の伝統芸能である狂言の絵本です。いばりんぼうの殿さまと家来のおはなしです。おおきくなってほんとうの狂言を見たとき「あの絵本の話だ。」と思い出すかも…


小学生のキッチンでおやつマジック 実験しながら、おやつが作れる!

村上 祥子 料理製作・監修

学習研究社

さとう・チョコレート・たまご・小麦粉などキッチンにある材料をつかってマジックみたいにおやつがつくれる本。グミを電子レンジでチンするとどうなる?コンデンスミルク缶を2時間ゆでるとどうなる?など実験をクイズ形式で紹介。しらないまに、おやつができる。春休みにためしてください。


小学生のためのデジタルカメラ 撮影編

斉藤洋一 著

日経BPソフトプレス

デジタルカメラの仕組みや機能からいろんなテクニックを使った写真の撮影までくわしく説明しています。


小学生のためのデジタルカメラ 加工編

斉藤洋一 著

日経BPソフトプレス

デジタルカメラの使い方とパソコンの起動の仕方。パソコンに画像をとりこみ写真を加工する方法など紹介しています。


シロクマたちのダンス

ウルフ・スタルク 作
菱木晃子 訳

偕成社

少年ラッセは、勉強が苦手で授業態度も悪く、悪友達といたずらばかり。そんなラッセがホッとできる相手は、シロクマそっくりの父さん。ところが父さんと母さんが離婚して、ラッセは、大好きな父さんと別れ、新しい生活を始めますが…。最後まで一気に読んでしまえる、ちょっとセンチだけど、ユーモアあふれるお話。


紳士とオバケ氏

たかどのほうこ 作
飯野和好 絵

フレーベル館

マジノ・マジヒコ氏は、古い家にひとりでくらすそれはまじめな紳士。毎日おなじ時間に起き、おなじ時間に寝るのが習慣なのですが、ある晩ちょっと間違えて真夜中に目が覚めてしまいました。するとそこにあらわれたのはこの家のもう一人の住人。しかもマジヒコ氏にそっくりな…?


時間をとめた生きものたち栗林慧ひみつの瞬間写真館 植物 はじけるたね・飛ぶ花粉

栗林慧 写真
三原道弘 構成・文

金の星社

動けない植物はどのようにして子孫を増やしているのか?花粉や胞子、種子が飛ぶ瞬間を見事に写真にとらえました。植物が繁栄しているひみつをさぐります


時間(とき)の森 〜屋久島

山下 大明/しゃしん・ぶん

そうえん社

ユネスコ世界自然遺産に登録されている屋久島。その島にある、縄文時代から生きつづけている縄文杉。千年をこえて生きているであろう屋久杉。気のとおくなるほどのながい時間のなかで、さまざまな生と死がくりかえされてきた。時間の重さを表現した写真絵本です。


じしんのえほん こんなときどうするの?

国崎信江 作
福田岩緒 絵
目黒公郎 監修

ポプラ社

ひとりでいるとき、じしんがきたらどうしよう?どうなるのかな?どうしたらいいのかな?がっこうの帰りみち。ひとりでおるすばんのとき。公園であそんでいるときなど身のまもりかたをおしえてくれる絵本です。


12月の夏休み ケンタとミノリの冒険日記

川端 裕人/作 
杉田比呂美/絵

偕成社

ケンタ10歳、心配性でしっかりもののお兄ちゃん。ミノリ7歳、天真爛漫でちょっぴりえらそうな女の子。二人は写真家のパパと一緒に、地球の反対側の国、ニュージーランドに住んでいる。
ニュージーランドは何千万年も前から、一度もほかの大陸とくっついたことがない、不思議な島。恐竜の時代の木や草や動物たちが生き残っている。
ある夏休み、オウサマアホウドリを追っかけて撮影の旅に出かけてしまったパパに、忘れ物を届けるため、二人の冒険が始まる!


熟語博士の宇宙探検

五味太郎/作

絵本館

熟語博士(よじじゅくごがすきなはかせ)が宇宙探検(なんともわからないうちゅうのたび)の準備を始めました。人を集めて、みんなでロケットをつくり、さあ出発!!このお話は漢字ばかり!でも「航路成行(=で、どこいくの?よくわからん)」「燃料噴射(=ゴゴーっとやります)」…創作熟語の横にはユーモアたっぷりの言葉もあるので、漢字が苦手なあなたも心配無用。読み終わったら、ほんの少しだけ漢字のことが好きになる、そんな1冊です。


すえっこ おおかみ

ラリー・デーン・ブリマー 文
ホセ・アルエゴとアリアンヌ・デューイ 絵
間崎ルリ子 訳

あすなろ書房

末っ子おおかみは、お兄さんたちのように速く走れないし、まっすぐ転がることもできず悩んでいます。そんな息子にお父さんは「それでいい」を繰り返すだけ。でも、お父さんには分かっています。大きくなったら、ちゃんとできるようになることが。「だから今は、そのままの君でいい」


世界一の三人きょうだい

グードルン・メプス/作 
はたさわゆうこ/訳

徳間書店

マキシは小学三年生の女の子。赤ちゃんの弟レオンと大学生のお兄ちゃんトミーの三人きょうだいです。
ある日、パパとママが1週間家を空けることになり、マキシは弟のレオンと一緒に、ひとり暮らしをしているトミーお兄ちゃんのアパートに泊めてもらうことになったのですが…。
朝ご飯は、シリアルにアイスクリームをのっけたり、お兄ちゃんについていって、大学の講義やカフェのアルバイトを体験したり。自由きままなお兄ちゃんの暮らしに飛び込んだ、元気いっぱいのマキシとトミーを、あたたかく、ユーモアをもって描きます。


世界でいちばんやかましい音

ベンジャミン・エルキン 作
松岡享子 訳
太田大八 絵

こぐま社

世界で一番やかましい都「ガヤガヤ」。この町では、人々はどなり、わめき、とびらをバタンとけっとばす。アヒルもおまわりさんも世界一けたたましく鳴き、ふえをふく。とりわけやかましいのがギャオギャオ王子。王子は誕生日のプレゼントに、世界一やかましい音が聞きたいと言い出します。


世界のなかで、ひとりといっぴき

高山栄子 作
はまのゆか 絵

ポプラ社

あたしは、四年生になったけど、学校で、いろんなことに、くたびれちゃう。体育も、給食も、休み時間も、ともだちも…。でも、どんな日だって、みかたがいるの。白くて、あったかい、ペロがいるの。


そいつの名前はエイリアン

上野瞭 作
杉浦範茂 絵

あかね書房

とうさんの失業がきっかけで、とうさんとかあさんの言い争いがはじまった。ののしりあう二人を、見つめるしかないぼく。家も、心もパニックなのに、おかまいなしに進んでゆく学校と塾。ぼくの心は、家からも、学校からも、友だちからも遠くなっていった。そんな時、「そいつ」が見えはじめた。いったいだれ? ユーレイ? オバケ? エイリアン?


空へつづく神話

富安 陽子/作
広瀬 弦/絵

偕成社

最近ついてない理子の前に突然現れたのは、なんと神さま。しかもこの神さまは記憶喪失!長い長い眠りから目覚めたせいで自分の名前も役目も忘れてしまっていたのです。神さまの記憶を取り戻すため、理子は自分の住んでいる市の歴史を調べ始めますが…。理子の市にどのような歴史があったのか、そして記憶喪失の神さまの正体はいったい何者なのか。理子といっしょに調べてみませんか。


ソラマメばあさんをおいかけろ

たかどのほうこ 作

文化出版局

タンタは、学校から芽のでるようすを観察するためにソラマメをもらってきた。ぬらした脱脂綿にのせておいたのに、昨日見たら消えていた。デパートで見かけた、黄緑色の服の太ったおばあさんが、なんだかあやしい。だって、もらってきたソラマメとそっくりなんだもの。タンタとカオルは、なぞのソラマメばあさんをおっかけて電車にとびのった。


書名 著者 出版社 解説 詳細
たかこ

清水 真裕 文
青山 友美 絵

童心社

ある日、ぼくの学校に転校してきた女の子「たかこ」。「たかこ」はちょっとかわった子です。人と話をするときにおうぎで自分のか おをかくしたり、服だって着物をきています。話し方もなんだかすこしむずか しくって昔の人みたい。みんなと同じ授業をうけていても、何かすこしちがっ ています。みんなとはちがう筆記用具を使っていたり、おんがくの時間にはあ まり見たことのないがっきをならしたり。みんなとちがうところもいろいろあ る「たかこ」だけど、これからみんなとなかよくなれるかな。


卵の実験

伏見康治・伏見満枝著
今村昌昭 写真
伏見康子 絵

福音館書店

夏休みの自由研究にこまっている人におすすめの本。水の中で卵を立てる実験、からをとかしてはだかの卵をつくる実験、卵のふうせんをつくる実験など、おもしろい実験がいっぱい。実験のあとの卵はたべられるそうですよ。


たんぽぽ先生あのね

宮川ひろ 作
長谷川知子 絵

ポプラ社

3年1組のたんぽぽ先生はとても楽しい先生です。“;あのね帳”や人形を使って、クラスのみんなと心の会話をかわしあいます。はじめは、めんどうなことがおこると無視していた子どもたちも自分たちの力で問題を解決できるようになります。優しい気持ちになれる本です。


たんぽぽ先生あのね?Uぼくらの教室先生三人

宮川ひろ 作
長谷川知子 絵

ポプラ社

「たんぽぽ先生あのね」シリーズ第2弾!
3年1組のたんぽぽ先生はとても楽しい先生です。”あのね帳”や人形を使って、クラスのみんなと心の会話をかわしあいます。はじめは、めんどうなことがおこると無視していた子どもたちも自分たちの力で問題を解決できるようになります。優しい気持ちになれる本です。


ちいさいいすのはなし

竹下文子 文
鈴木まもる 絵

ハッピーオウル社

男の子といつもいっしょにいた、ちいさいいす。おやつをたべるとき、絵本をよむとき、たのしいとき、しかられたとき。でもある日男の子がいいました。「おかあさん、このいすいらないよ、もうすわれないもの」ちいさいいすはどこへいくのでしょうか?


小さな小さな七つのおはなし

リリアン・ムーア/作
福本友美子/訳
高桑幸次/絵

日本標準

タイトルのとおり、短いお話が七つ入っています。
ひとつめの『まほうのめがね』は、フクロウの子どもホーホのお話です。ホーホはおじいちゃんが大好き。でも、何でも知っているおじいちゃんが不思議でなりません。おじいちゃんのめがねは、なんでもわかるまほうのめがねなんだと思ったホーホは、こっそりかけてみるのですが…。動物と子どもたちの、ゆっくりとほのぼのした楽しい七つのお話です。


チエと和男

丘修三 作
長谷川集平 絵

国土社

和男の「いじめ」にあっているチエ。京子は、チエのみかたになる勇気がないことに悩み苦しみながらも、自分が「いじめ」にあうのがいやで、何もしてあげられません。やっと、チエのみかたになろうと決心したとき、もう、チエはいなかった。くやんでも、もうおそい…。


ちきゅうのためにできる10のこと

メラニー・ウォルシュ 作
山本 和子 訳

チャイルド本社

みんながすんでいる、ちきゅうを、まもるためにできるとこをたのしい絵本でおしえてくれています。へやを出るときは?歯をみがいている間は?どうしたらいいのかな。めくる変形ページがたのしい環境絵本です。


つるつるしわしわ としをとるおはなし

バベット・コール 作
かねはらみずひと 訳

ほるぷ出版

年をとること”がテーマのゆかいな絵本。「え〜かんけいないよ」って思っている君たちだって、たんじょう日をいわうたび、ひとつずつ年をとっているんだよ。「おじいちゃんも おばあちゃんも どうしてそんなに つるつるで しわしわなの?」おじいちゃんたちは、あかんぼう時代からのスリル満点の人生を、語ってくれます。


つるばら村のパン屋さん

茂市久美子 作
中村悦子 絵

講談社

くるみさんは、つるばら村で宅配専門のパン屋さんをしています。「おいしいパンを、村じゅうの人たちに食べてもらって、一日もはやく村の駅前にお店をもちたい」というのがくるみさんの夢なのです。そんなくるみさんのところに、お客さんから不思議なパンの注文がありました。さて、どんなパンができるのでしょうか。この本の続き、「つるばら村の三日月屋さん」もあります。


テッドがおばあちゃんを見つけた夜

ペグ・ケレット/作
吉上恭太/訳
サカイエマ/絵

徳間書店

テッドは12歳。バスケが得意。
ある夜、留守番中にアルツハイマー病のおばあちゃんをつれて、
おとなりの犬にえさをあげるため、物置小屋へむかいます。
そこでテッドは、逃走中の銀行強盗とそっくりの男に無理やり連れて行かれます。
おばあちゃんひとりを置きざりにして。
なんとかして逃げなければ…そんなとき、『努力するの。行動をおこすのよ』と
頭の中でおばあちゃんの声が聞こえるのでした。


でっこりぼっこり

高畠那生 さく

絵本館

ある日、すね毛のはえた大きな足のきょだいじんが、マラソンをはじめたことからくりひろげられるでっこりぼっこりなだいそうどう。プールができた?山ができた?どこがでっこりで、なにがぼっこりなのかは見てのお楽しみ!


でも すきだよ、おばあちゃん

スー・ローソン 文
キャロライン・マガール 絵
柳田邦男 訳

講談社

友だちのおばあちゃんはケーキをつくるのが得意だったり、スポーツをみるのが好きだったり、車を運転したり、あみものをしたり、旅行したり、絵の教室をひらいたりしている。でもぼくのおばあちゃんはみんなのおばあちゃんとちょっとちがう、でもぼくはそれでいいんだ。おばあちゃんがすきだ。


とうちゃんはかんばんや

平田昌広 作
野村たかあき 絵

教育画劇

ぼくのとうちゃんはかんばんや、いろんなみせのかんばんをかくのが仕事。とうちゃんはいつもペンキでよごれている。けどとうちゃんのかくかんばんはどれもみんなかっこいい。木版画絵本です。


特急おべんとう号

岡田 よしたか さく・え

福音館書店

今日は世界初、「全日本おべんとうマラソン」の日。パーンという合図とともに、おにぎりやおかずたちがいっせいに走りだします。おかずをねらったねこもやってきて、レースは大混乱。
一番にゴールするのは、いったいだれなのか!?おべんとうのごはんやおかずたちが活躍する楽しいお話が3話つまっています。


ともだちになって

アレクシス・ディーコン 作・絵
いずむらまり 訳

徳間書店

とおいうちゅうからちきゅうにおちてきたピークー。ここはどこ? だれかともだちになってくれないかなー。ひとりぼっちで町をさまようとちゅう、子どもたちとなかよくなって…。ことばが通じなくても、心はかならず通じあう。あたたかな勇気をくれる絵本。


どうながのプレッツェル

マーグレット・レイ ぶん
H・A・レイ え
わたなべしげお やく

福音館書店

ダックスフントのプレッツェルは、どうが世界一長いことがじまんです。なぜならどうが長ければ長いほどりっぱなダックスフントだからです。けれどだいすきなグレタはプレッツェルにはしらんかお。プレッツェルがゆうしょうしてもプレゼントをしてもとくいな芸をみせても結婚してくれません。プレッツェルの恋のゆくえは‥。


どうぶつえんガイド

あべ弘士 さく・え
なかのまさたか デザイン

福音館書店

ヒトの目はまる、ネコの目はたてながだけど、ヤギの目はよこなが」みんな知ってた? この絵本は、43の動物が登場し、ページをめくるごとに色がかわり、あざやかな動物たちが目にとびこんでくる。それぞれの動物の特徴もユニークでわかりやすく、感心する事がいっぱいのおもしろおかしい動物園ガイド。


どこどこどこ いってきまーす

長谷川義史 作

ひかりのくに

今までの絵さがし絵本とはちょっとちがいますよ。よーく、よーく見てください。思わずにんまり。関西の良い雰囲気がにじみ出ていて感動さ え覚えます。大人も子どももはまる絵本です。


どんぐりノート

いわさゆうこ 大滝玲子 作

文化出版局

この本を持って、秋をさがしにでかけてみよう。街路樹や公園の木にも、ほら、実がなっているよ。ムクロジの実では、シャボン玉が作れるそうだよ。どんぐりだこや、クリクッキーの作り方も紹介されているよ。どんな味かな?


書名 著者 出版社 解説 詳細
菜の子先生がやってきた!

富安陽子 作
YUJI 画

福音館書店

真ん丸メガネに白衣姿の菜の子先生が学校に現れると、そこは不思議空間に早変わり。散歩にでかけてしまった校庭の桜の木を探し、逃げた飼育小屋のうさぎを追って地面の穴の中へ、プール授業も理科実験も。不意に現れ、どこへともなく去ってゆく。「菜の子先生」って?


生ごみは大地を生かす

鈴木喜代春 作
瀬野丘太郎 絵

PHP研究所

生ごみは、堆肥としてリサイクルできます。堆肥を使うと、土をよみあげらせ、安全で栄養のある野菜や果物を作ることができます。生ごみリサイクルの 大切さを訴え、実践しつづける元校長先生の物語です。


なるぼど!くすりの原料としくみ

岡希太郎 監修
加藤哲太 監修

素朴社

将来、医りょう関係の仕事につきたいとおもっている人、くすりのことをもっと知りたいと思っている人、ぜひよんでみてください。くすりの歴史、くすりができるまでのしくみ、くすりと効くしくみがよくわかります。


ニホンザル観察事典 自然の観察事典31

小田英智 文・構成
津田堅之介 写真

偕成社

サルと人間のちがいをしらべたり、サルの赤ちゃんをしらべたり、サルの毛づくろいを観察。ボスザルをさがすなどサルの社会を観察する本。


日本の風景 松

ゆのき ようこ 文
阿部伸二 絵

理論社

日本の風景にかかすことができない松。わざわいからまもってくれる木としていつも近くにあります。どのように昔の人がうえて育ててきたか、また幹からとれる松脂の利用法など知らなかったことがいっぱいわかる。


にわのかいじゅうファイル

松橋利光/著

アリス館

あなたのお家の庭のうえきばち、もしくは学校の校庭に、《かいじゅう》はいませんか?
この本では、私たちにとって身近なこん虫や、は虫類が紹介されています。ほんとうはすごく小さな体だけど、よく見てみると、なんだか本物の《かいじゅう》みたい!!さあ、ページを開いて探検しよう!!もしかすると、まだ出会ったことのない《かいじゅう》に会えるかもしれませんよ。


にんきもののねがい

森絵都 文
武田美穂 絵

童心社

にんきものシリーズ第2弾!
ぼくの名前はこまつなおはる。みんなはぼくを「こまつくん」と呼ぶ。他の友達にはあだ名があるのに、なんでぼくだけこまつくんなの? よし!イメージチェンジ作戦、はじまり…!
こまつくんのねがいはかなうのでしょうか。


にんきもののひけつ

森絵都 文
武田美穂 絵

童心社

はなのバレンタイン・デー。こまつくんはチョコレートを27こももらって、ぼくはたったいっこだけ。このふこうへいはなんなんだ! たしかにこまつくんは、かおもあたまもいいし、スポーツもできる。でも、でも、でも‥。もっとすごい、こまつくんのにんきもののひけつとは、いったい何なのか‥?


にんじゃにんじゅろう

舟崎克彦 作
飯野和好 絵

学習研究社

にんじゃんのひとりむすこ「にんじゅろう」は、あととりゆえ両親からのきたいが大きく、しじゅうはっぱをかけられる。今夜にんじゃ学校からもどると、家のようすがおかしい。「ふふふ。さてはせっしゃのにんじゅつをためしているな。」ところがところが


ねえ、どれが いい

ジョン・バーニンガム 作

評論社

どれがいい? くものシチュー、かたつむりのおだんご、虫のおかゆ、へびのジュース…ちょっぴりの勇気とユーモアでもって決めよう!選ぶのは君だ。いつか君が「選ばれる」ことだってある。人生は毎日が「選たく」だ。友情も、夢も、未来も、この本も、君自身が選んで手に入れるんだ。サイコーでしょ?


ねこじゃら商店へいらっしゃい

富安陽子 作
井上洋介 絵

ポプラ社

あなたのいちばんほしいものはなんですか? どんなものでも、けっこうです。ここ”ねこじゃら商店”にくれば、おのぞみのものが、なんでも手にはいるのです。なくしてしまったしっぽだって、のっぺらぼうの顔だってだいじょうぶ。あなたも”ねこじゃら商店”へ いらっしゃい!


ねこなき山小学校

富安陽子 作
篠崎三朗 絵

教育画劇

こうへいのところに、へんてこなはがきがとどきました。 はがきをもって、ねこなき山にいってみると、こうへいとおなじはがきをもった子どもがあつまっていました。そこへ…


ネコのナペレオン・ファミリー

木坂涼/文

福音館書店

ネコのナペレオン氏と、奥さんのアンコアネットさんの間に、3匹の子ネコがうまれました。彼らの名前はダルダニャン・ダルメシニャン・タルタルソース。いたずら盛りの子ネコたちは毎日おおさわぎ!! そこでナペレオン氏は子どもたちにネコ社会のマナーを身につけさせるべく、3匹を由緒ある学校『子どもキャットクラブ』に入れることにしました。しかしまたまたさわぎを起こした3匹・・・。
毎日ドタバタだけど、愛情いっぱい、元気いっぱいなナペレオン一家のものがたりです。


ねんどの神さま

那須正幹 作
武田美穂 絵

ポプラ社

戦争が終ったある日、けんちゃんはねんどで神さまを作った。戦争で金もうけする わるいやつらをやっつける神さまを‥。 それから20年、学校のそうこにねむっていた神さまがとつぜんめざめた。くまのような黒い毛、ひたいのつの、赤い目だま。むくむくと大きくなった神さまは、町をめざした。町は大パニックに!!


ノラのボクが、家ネコになるまで

ヤスミン・スロヴェック/作
横山和江/訳

文研出版

ボクってさいこう!!自分の好きな時間に好きなことを好きなだけすることができるんだ!!だってボクはノラネコぐらしだから。
友だちには、ヒトと「家族」になればいいのにって、いわれる。
でも、ボクにはね「家族」を迎えるための条件がたくさんあるんだよ。
おやつをくれて、背中をなでてくれて、心が通じ合う「最高のあいぼう」になってくれるヒト…!!そんなヒト、ほんとにいると思う??
はたして、ボクに「家族」はできるかな?


書名 著者 出版社 解説 詳細
ハエくん まちにまったひがやってきました

グスティ 作
木坂涼 訳

フレーベル館

きょうはまちにまったひです。ハエくんはバックをかたてにおよぎにでかけます。せおよぎしながら、うたっておどっておおさわぎ!すると、あたりがきゅうにくらくなってきて…。さあ、ハエくんはどうなる!?


はじめてのキャンプ

林明子 さく・え

福音館書店

なほちゃんがとなりのおばさんのうちにあそびに行くと、大きい子たちがキャンプに行く話をしていました。「わたしもいく!」となほちゃんがいうと、「ちっちゃい子は、だめ!」といわれてしまいます。おもいにもつをもって歩くし、ぜったいなかないし、くらくなってもこわがらない、とやくそくしたなほちゃん。いっしょにキャンプに行くことになりましたが‥。


発掘屋おフミさん

あかね・るつ 作

新日本出版社

石橋ツキミは、パパとママと三人で新しいマンションに引っこした。そこへ、大阪に住んでいるツミキのおばあちゃんがやってきた。おばあちゃんは、日本各地の発掘現場で、どろだらけになっていつも元気で陽気に働いていたので、「発掘屋おフミさん」とよばれている。でもそのおフミさんにも実は、とてもつらい悲しい思い出が‥。


発電所のねむるまち

マイケル・モーパーゴ/作
ピーター・ベイリー/絵
杉田七重/訳

あすなろ書房

50年近く帰っていなかったふるさとの村に、足を踏み入れた僕。心には、懐かしさと深い悲しみがあふれていた。少年時代を過ごしたその海辺の村には、かつてぺティグルー夫人という女性が住んでいた。海に近い広々とした湿地に、鉄道客車の家をもち、1頭のロバと3匹の犬に囲まれて。彼女と過ごした最良の時は、ある日、発電所の建設計画によって断ち切られる。すべての生命あるものを慈しむ作者の心を、美しい挿絵とともに感じてください。


はつゆき

西片拓史 作・絵

岩崎書店

冬のしずかな夜のこと。みずうみのそばのちいさな小屋にふたりがやってきました。ふたりは、いちねんぶりになやをひらき、みずうみにふねをうかべます。みずうみはそらからこぼれたほしくずでいっぱい。ふたりは、ひしゃくでほしく ずをすくっていきます。たるのなかに、ほしくずのきんいろのひかりが、どんどんあつまっていきます。ふたりは、いったいなにをしようとしているのでしょう。


はなのあなのはなし

やぎゅうげんいちろう 作

福音館書店

さしえのでっかいクロマル●●は、もちろん、はなのあな。はなくその一生とか、はなげのやくめとか、はなのあなにrんぴつやけしごむをつっこんだらいけないのはなぜ?とか、日ごろめだたないはなのあなの(めだつとこまるけど‥)活躍ぶりがわかる本。夏休みの宿題に「はなのあなの研究」なんてどう?


はらぺこオオカミがんばる

キャサリン・ストー 作
掛川恭子 訳

岩波書店

はらぺこオオカミは、ポリーをたべようとねらっています。べんきょうねしんなオオカミは、「三びきのこぶた」、「七ひきのこやぎ」、「あかずきん」にでてくるおおかみの話をよんで、ポリーをつかまえる作戦をたてますが…


バムとケロのさむいあさ

島田ゆか 作・絵

文渓堂

バムとケロシリーズ3冊目です。
あるさむい朝、バムとケロは湖にでかけます。そこにいたのは…。
きれいな色づかいと、小さな小さなところまで、あそびゴコロがつまっていて、すみからすみまで、じっくりながめて楽しめる絵本。


バムとケロのそらのたび

島田ゆか 作・絵

文渓堂

バムとケロが、ヒコーキにのって、おじいちゃんちにいこうとするが‥。きれいな色づかいと、小さな小さなところまで、あそびゴコロがつまっていて、すみからすみまで、じっくりながめて楽しめる絵本。


バムとケロのにちようび

島田ゆか 作・絵

文渓堂

バムとケロシリーズ1冊目です。
あめふりの日は、おうちですごそう!
きれいな色づかいと、小さな小さなところまで、あそびゴコロがつまっていて、すみからすみまで、じっくりながめて楽しめる絵本。


バングルスせんせい ちこく!ちこく?

ステファニー・カルメンソン 作
よしかわさちこ 絵

ひさかたチャイルド

≪バングルスせんせい≫は学校の先生です。きそくはぜったいに守らなければ なりません。それなのに、めざまし時計をセットするのをわすれちゃった!このままでは先 生なのにちこくしてしまいます。あわててしたくをする≪バングルスせんせい≫ですが、こんな時にかぎってく つは見つからないし、バスは人がいっぱいだし…いろいろなハプニングが≪バ ングルスせんせい≫をおそいます。ぶじ学校にたどりつけるのでしょうか。


105にんのすてきなしごと

カーラ・カスキン/文
マーク・シーモント/絵
なかがわちひろ/訳

あすなろ書房

金曜日の夕方に、大きな町のあちこちで、105人の人たちが、仕事に出かける支度を始めます。お風呂に入って、ひげをそり、あらあらずいぶん正装するのですね。実は彼らは、オーケストラの楽団員。音楽が始まる前の、わくわくする気持ちが、次第に高まります。いつもとはちょっと違う、素敵な夜を、あなたも味わってみませんか?


100万回生きたねこ

佐野洋子 作・絵

講談社

100万年も死なないねこがいました。100万回も死んで、100万回もいきたのです。でもねこは一回もなきませんでした。あるときねこは白いねこと出会い好きになりました。白いねこといっしょにいつまでも生きたいと思いました。やさしい気持ちになれる絵本です。


漂流物

ディヴィット・ウィーズナー 作

BL出版

うみべにうちあげられた一台の古いカメラ。ひろった少年がフィルムを現像してみるとそこには…。文字はないですが、たのしい絵本。


びりっかすの神さま

岡田淳 作・絵

偕成社

木下始は転校生。教室であいさつをしようとしたとき、突然目の前にすきとおった男があらわれた。二十センチくらいの大きさのその男は、くたびれた背広とよれよれのネクタイ姿で、背中には小さなつばさがあった。ほかの人にはみえないらしい。注意してみていると、男はクラスで最低点をとったもののところにやってくるようだ。始はこの男をよびよせるため、クラスで一番悪い点をとることにした。


ピカピカ泥だんごの作りかた

下茂 喜子/監修

宝島社

だれでも1度は泥だんごをつくってあそんだことあるよね。この本はピカピカの、それも色とりどりの泥だんごの作りかたをわかりやすく説明しています。その泥だんごをかざるケースの作りかたもあるよ。夏休みにトライしてください。


ピトゥスの動物園

サバスティア・スリバス/著
スギヤマカナヨ/絵

あすなろ書房

スペインの下町に住むなかよし6人組。そのメンバーのひとり・ピトゥスが重い病気になってしまいます。なおすにはスウェーデンのえらい先生のところに行かなければなりません。でも、ピトゥスの家にそんなお金はありません。
そこで、なかよしの5人がピトゥスの病気をなおすお金を集めるために、動物園を作ろうと思いつきます。町中のこどもたちに協力をよびかけ、役わりを決め、みんなの動物園作りがはじまりました。
集める動物は、犬、オウム、ドブネズミ、トンボに金魚、そしてトラ!一体どんな動物園ができるのでしょう。50年ほど前に書かれたお話ですが、そのおもしろさは今も変わりません。


ピーターのとおいみち

バーバラ・クーニー 絵
リー・キングマン 文
三木卓 訳

講談社

森の中にくらすピーターには、いっしょにあそべる友だちがいません。「五つになったら村の学校へ行けるよ。友だちもできるよ。」とお母さんは言いました。ピーターは楽しみにその日をまちました。そして、ついに五つのたんじょうびをむかえたピーターは‥


ふつうのおひめさま

メアリー・マーガレット・ケイ 作
東春見 訳
堀川理万子 絵

徳間書店

ユメカウツツカ国に、七番目のお姫様エイミーが生まれました。それはそれは愛らしく美しい姫でした。ところが誕生パーティーによんだ妖精が魔法をかけ、エイミーの顔は、つぶれたトマトのようになり、そばかすがたくさんある女の子になってしまいます。へんしんしたお姫様が幸せになるまでの明るく楽しいお話。


古道具ほんなら堂

楠 章子 作
日置 由美子 絵

毎日新聞社

ほんなら堂は町の古道具屋さん。店主の橙花さんは、白髪のおかっぱで小さ な丸いめがねをかけた、ちょっと気むずかしそうなおばあさん。けれど、がん ばる子どもにはそっと手をさしのべ見守ってくれるのです。ほんなら堂の古道具と橙花さんが、子どもたちのピンチに「ちょっとだけの 不思議」を起こしてくれます。


フレディ世界でいちばんかしこいハムスター

ディートロフ・ライヒェ 作
佐々木鶴子 訳
しまだしほ 絵

旺文社

ペットショップのハムスターたちの中で、一匹だけペット人生に疑問を持つハムスターがいた。「回し車をまわして一生を終えるなんてごめんだね。いつか自由になる日がくるっていう、ハムスター伝説を信じて待っていてもだめさ。きっと自由になるやり方があるはず。ぼくはそれをみつけるんだ。」そう決心したフレディは、小さな脳みそをフル回転させて行動する。


平和へ

K.スコールズ 作
上遠恵子 訳
田沼武能 写真

岩崎書店

「ぼくたちは、みんなちがう考え方の持ち主だ。生きている時代やくらしているところによってもほしいものの種類はちがうと思うな。平和ってね、人や国によって、ほしいものにちがいがあるということをみとめあうことなんだ。」平和ってどんなものかやさしいことばでかたる写真絵本。


へそまがり昔ばなし

ロアルド・ダール 作
クェンティン・ブレイク 絵
灰島かり 訳

評論社

昔ばなしの主人公は、普通はみんな「いい子」ですよね。でも、この本に出てくるシンデレラや赤ずきんはみんなが知っているお話とはちょっとちがいます。白雪姫は競馬で億万長者、ワル・パワー全開の赤ずきんちゃんはピストルをぶっぱなす、その他シンデレラ、ジャックとまめの木、三びきのくま、三びきのコブタがのっています。さて、どんなへそまがりなお話になっているのでしょうか。


ぺちゃんこスタンレー

ジェフ・ブラウン 文
トミー・ウンゲラー 絵
さくまゆみこ 訳

あすなろ書房

その朝、ラムチョップ家はおおさわぎになった。ベッドで寝ていたスタンレーの上に掲示板が落ちてきて、パンケーキみたいにぺちゃんこになっちゃったから。身長122センチ、横はば30センチ、厚さ1.3センチのスタンレー。かぎのかかった部屋もドアのすきまからは入れるし、旅行も切手をはった封筒に入ればOK。スタンレーのゆかいなぺちゃんこ生活がはじまった。


ペットショップはぼくにおまかせ

ヒルケ・ローゼンボーム/作
若松 宣子/訳
岡本 順/絵

徳間書店

ティミーは小さな男の子です。ある日、大好きなペットショップに行くとオウムとカメに話しかけられました。店の主人が旅行でいない間、いっしょに店番をしてほしいというのです。いっしょに店番をすることにしたティミーですが、店にはおならが止まらないカエルや巣がつくれなくなったクモなどかわったお客がやってきます。ティミーはみんなのなやみをどう解決するのでしょうか。


ペットのきんぎょがおならをしたら・・・?

マイケル・ローゼン/作  
トニー・ロス/絵
ないとうふみこ/訳 

徳間書店

エルビーという名前の女の子がいました。エルビーは子犬が飼いたくてたまりません。ママにおねだりすると、あっさりOK。でもママが買ってきてくれたのはきんぎょでした。しかたがないので、きんぎょに「ふわふわ」という名前をつけて、犬の芸を教えはじめたエルビー。するとふわふわは少しずつエルビーの言うことを理解し始めて・・・。
女の子ときんぎょの、不思議でおかしい友情を描いた、ユーモラスなお話です。


ほこらの神様

富安陽子 作
小松良佳 絵

偕成社

数馬、準一、勇平は五年三組のなかよし三人組。ある日、三人は桜屋敷が取り壊されたあとの空き地で、捨てられた「ほこら」を見つけた。「ほこら」には神様が住んでいるらしく、願い事をするとかなうのだけれど、願いがかなうたびに悪いことも起こってしまう。そんななか準一が落書きの犯人と疑われて…。


ぼくのおじさん

斉藤洋 文
いとうひろし 絵

偕成社

ぼくのおじさんは、ニューヨークの一流商社につとめていた。だけど、トラになりたくて、インドへ修業に行ってしまったんだ。自分が本当にやりたかったことをするために。ある日、おじさんが急に日本へ帰ってきた。空中浮遊術、分身の術、そして、本当にトラにすがたを変えてしまうんだ。ところで、ぼく?ぼくは、競馬の騎手になりたいんだ。


ぼくのなかのほんとう

パトリシア・マクラクラン/作 
若林千鶴/訳

リーブル

ぼくの名前はロバート。ひとりっこで、エリーという犬を飼っていて、とてもかわいがっている。ぼくはおばあちゃんのマッディと、おばあちゃんのともだちのヘンリーのことが大好きだ。ほんとうは、父さんと母さんのことも大好きなんだけど、二人は、特に母さんは、音楽のこと(彼らは音楽家だ)に夢中で、ぼくのことをあまり愛してくれない、とぼくは感じている…。
さりげないやりとりのなかに、思いやりや気づかい、やさしさがあふれています。怖かった時、辛いときに、「私もだよ」と言っていくれる人が側にいたら、幸せですね。ぼくは母さんとの絆を、どんな風に取り戻すのでしょうか。


ぼくは くまのままで いたかったのに‥

イエルク・シュタイナー 文
イエルク・ミュラー 絵

ほるぷ出版

その日、くまはおどろいた!冬眠からさめると、森は消え、工場がたっていたのだから。ぽかんとしているくまに、工場長はいった。「とっとと、しごとにつけ!」「ぼくは、くまなんだけど…」と言っても信じてくれない。ひげボウボウのなまけものと、かんちがいされたくまは、顔の毛をそり、工場で働くはめに…


ぼくはアフリカにすむキリンといいます

岩佐めぐみ 作
高畠純 絵

偕成社

アフリカの草原に1頭のたいくつなキリンがすんでいました。このキリンはとびっきりの友達がほしいと思っていました。そこで、やっぱりたいくつなペリカンに手紙の配達をたのむことにしました。「地平線のむこうでさししょにあった動物」あてにかかれた手紙がだれに届いたのかというと?


ぼく、ネズミだったの! もう一つのシンデレラ物語

フィリップ・プルマン 作
ピーター・ベイリー 絵
西田紀子 訳

偕成社

「ぼく、ネズミだったの。」そういって、ボブとジョーンのところに、お小姓姿の少年があらわれた。なんど名前を聞いても、少年にいえるのは「ネズミだったの」のひとことだけ。スプーンもフォークも使えないし、えんぴつだのカーテンのひもだの、とんでもないものばかり食べたがる。おまけにいくさきざきでおおさわぎ。はたして、この子の正体は?


ポリーとはらぺこオオカミ

キャサリン・ストー 作
掛川恭子 訳

岩波書店

はらぺこオオカミは、ポリーをたべようとねらっています。べんきょうねしんなオオカミは、「三びきのこぶた」、「七ひきのこやぎ」、「あかずきん」にでてくるおおかみの話をよんで、ポリーをつかまえる作戦をたてますが…


書名 著者 出版社 解説 詳細
負けない パティシエガール

ジョーン・バウアー/著 
灰島 かり/訳

小学館

フォスターはカップケーキ作りが天才的に上手な女の子。でも、大きな悩みを背負っています。ママといっしょにやってきた町での新しい生活がはじまりました。町の人たちに支えられながら、フォスターは今日もおいしいケーキを焼きます。そして、昔フォスターと同じ悩みを抱えていた元女優と出会い、ついに自分の問題と向き合うのです。


マザー・テレサ

パトリシア・ギフ 作
成田朱美 訳

佑学社

97年9月5日に亡くなったマザー・テレサの伝記です。貧しい人々の中でも、一番貧しい人々につかえた一生でした。愛を口だけでなく、おこないでしめした強い人です。「本当に貧しいのは、お金のことではなく、愛のないこと。ひとりの人のために、あなたのできる小さなことから始めてください。もっとも身近な家族を愛することです。」マザー・テレサの有名な言葉です。


マザー・テレサ

綾野まさる 作
日高康志 絵

ハート出版

97年9月6日に亡くなったマザー・テレサの伝記です。貧しい人々の中でも、一番貧しい人々につかえた一生でした。愛を口だけでなく、おこないでしめした強い人です。「本当に貧しいのは、お金のことではなく、愛のないこと。ひとりの人のために、あなたのできる小さなことから始めてください。もっとも身近な家族を愛することです。」マザー・テレサの有名な言葉です。


魔女がいっぱい

ロアルド・ダール 作
クェンティン・ブレイク 絵
清水達也,鶴見敏 訳

評論社

ほんものの魔女を見たことがあるかい? じつは、魔女はふつうの女の人みたいに見える。はげ頭をかつらで、かぎづめを手ぶくろでかくして、生活しているからね。そんな魔女の楽しみは、自分のなわばりの子どもを消すこと。ぐうぜんぼくは、魔女の会合にまぎれこんでしまった。そこでぼくが見たものは… とびっきりこわくて、おもしろいお話です。


まだまだはらぺこオオカミ

キャサリン・ストー 作
掛川恭子 訳

岩波書店

はらぺこオオカミは、ポリーをたべようとねらっています。べんきょうねしんなオオカミは、「三びきのこぶた」、「七ひきのこやぎ」、「あかずきん」にでてくるおおかみの話をよんで、ポリーをつかまえる作戦をたてますが…


町のけんきゅう

岡本信也,岡本靖子 文・絵
伊藤秀男 絵

福音館書店

考古学という、学問があります。出土品や石のかけらなど、ふつうの人には何の価値もないような古いものや、遺跡などから、過去の人間の生活、暮らし、文化を研究するものです。この現代版を考現学といいます。現在の人の暮らしや風俗を観察、採取し、ありのまま記録する方法です。例えば、カレーライスは店によってどんなかけ方をするか、缶のふたの研究、洗濯物の干し方など。かたく考えずに楽しく“研究”してみましょう。


まんじゅうこわい 落語絵本

川端 誠/〔作〕

クレヨンハウス

みんなもよくしっている落語ばなしを絵本で紹介。絵本での落語の「オチ」もおもしろいよ。
ほかに「じゅげむ」「めぐろのさんま」「おにのめん」などあるよ。


マーガレットとメイゾン マディソン通りの少女たち1

ジャクリーヌ・ウッドソン 作
さくまゆみこ 訳

ポプラ社

私とメイゾンは、「永遠に親友!」とちかった仲。いつだって、二人はいっしょ。でもメイゾンは、遠くの私立学校の入学試験を受けた。もし、メイソンがうかったらはなればなれになってしまう…。デルさんは、大切なひとでもずっといっしょにいられるわけじゃない、っていうけれど、メイゾンと離れたくないの。 このシリーズは第2巻「青い丘のメイゾン」、3巻「メイゾンもう一度」があります。


みしのたくかにと

松岡享子 作
大社玲子 絵

こぐま社

あさがおかもしれない すいかかもしれない とにかくたのしみ”  ふとっちょおばあさんが種をまいたそばに、こんなふだをたてました。通りかかった王子さまは、ふだを反対に読んでしまいます。勉強に追われ、おもしろくない王子さまは「”みしのたくかにと”しか食べない!」と言いだし、大さわぎに。”みしのたくかにと”ってなにかな?あなたも反対に読んでごらん。


ミスターワッフル

デイヴィッド・ウィーズナー/作

BL出版/発行

あなたのうちのネコはチェストやソファの下をのぞいていませんか?ネコのミスターワッフルは飼い主の買ってくるおもちゃには見向きもしません。そんなある日、ワッフルはとびきりすてきなものを見つけます。それは小さな小さな宇宙船!けれど乗組員たちはヒーターの下にかくれてしまいます。さて、ワッフルはこの『すてきなもの』を手に入れることができるでしょうか。
 マンガのようなコマ割りとふしぎな絵文字のふきだしで物語が展開します。ふきだしにセリフを入れて楽しんで。


みみかきめいじん

かがくい ひろし 作

講談社

ひょ・うーたん先生はみみかきの名人。毎日たくさんのお客さんがやってきます。弟子のひょうすけの仕事は、お客さんにあったサイズの「みみかき草」を採ってくること。ぴったりのみみかき草で、耳をほじほじしてもらったお客さんはみんなうっとり。ついには透明人間までやってきて…。みんなも先生にみみかきしてもらいたくなるかも。


耳をすませば

エルケ・ハイデンライヒ 作
ベルント・プファー 絵
平野郷子 訳

講談社

「動物と話せたらいいのに」と思ったことはありませんか?この本は、とつぜん動物と話せるようになった女の子、カタリーナが主人公です。どうやったら話せるようになるかって?それは、ただその気なってじっと耳をすませるだけでいいのです。汽車の中でであった女の人にそう言われたとたん、カタリーナには犬のグスターヴォの声が聞こえてきたのです。さあ、カタリーナのゆかいな物語がはじまりますよ。


みんなでグルグル回文あそび

ながた みかこ/文
どい まき/絵

汐文社

回文とは「しんぶんし」「たけやぶやけた」などのように、最初からよんでも最後からよんでもおなじことばのことです。いろいろな回文がこの本にはあります。ともだちと新しい回文をつくってみるのもたのしいかも…。


みんなのかお

さとうあきら 写真
とだきょうこ 文

福音館書店

ゴリラ、サイ、バクなど24種類の動物のいろんな顔が紹介されたユニークな本。おこり顔、笑い顔、やさしい顔、君たちのクラスといっしょ。さまざまな顔の動物がいる。「先生そっくり」という顔もあるはず。どの顔の下にもその動物のいる動物園が紹介されていて、おなじみのお城の動物園からはヤギ君が登場しています。


麦わらの絵本 つくってあそぼう28

かねこ てるひこ/へん
よしだ としみ/え

農山漁村文化協会

麦わらといえば麦わら帽子を思いうかべますが、ほかにも麦わらをつかったものがたくさんあります。みんなが今つかっているストローも50年ほど前は麦わらがつかわれていました。麦わらの歴史と麦わらをつかった宝箱・コースター・人形などの作り方がわかる本です。


ムシャノコウジガワさんの鼻と友情

二宮由紀子 作
荒井良二 絵

偕成社

表紙の右上でころんでいる人が、主人公のムシャノコウジガワさんです。彼の鼻は、裏表紙までつづくたいへん大きな鼻なのでした。歩くたび地面にめりこんで、穴があくほどです。穴に落ちたムシャノコウジガワさんをひっぱりあげるのが、町の人たちの日課でした。ある日、町の人たちは、もう歩かないようにしたらとか、鼻をハサミで切り落としたらとか、論争をはじめました。さて鼻の運命は?


メカたんていペンチ カオハギぺろりん

矢玉四郎 著

ポプラ社

とおりかかった人の顔をぺろりんとなめてのっぺらぼうにしてしまうというカオハギ! メカ(きかい)の天才ペンチは、カオハギつかまえ機を発明し、いぬのニッパーとおはぎ池にかけつけると…。 トンボのトンカツとハエの天ぷらがいちばんごちそうのカオハギのほんとうの顔とは…?


めっきらもっきらどおんどん

長谷川摂子 作
ふりやなな 画

福音館書店

遊ぶ友達がいないかんたは、大声でめちゃくちゃの歌をうたった。するとどどーっと風が吹き、きみょうな声がきこえてきた。その声のきこえてくる穴をのぞきこんだとたん、ひゅうっと穴にすいこまれて、落ちたところは夜の山。そこでかんたは、へんてこりんな3人組に出会い遊ぶのですが…。


もしも ぼくが よそのうちのいぬだったら

きたやまようこ 作

小学館

「ぼくのうちのいぬにならないかい?」 くまくんと、わにくんからさそわれて、ぼくはとてもまよっています。「もしも、よそのうちのこどもだったら…」と考えたことのある人がいたら、ぼくといっしょに、まよってください。


森のなかの海賊船 こそあどの森の物語3

岡田淳 著

理論社

この森でなければ、その森でもない、あの森でもなければ、どの森でもない、「こそあどの森」に住む、それぞれにやさしく一風変わった森の仲間たちが、くり広げるちょっと不思議な物語。むかしむかし、こそあどの森に宝物をかくした海賊がいた。その名も「海賊フラフラ」 −はたしてその宝のありかは?!


書名 著者 出版社 解説 詳細
ヤクーバとライオン?T 勇気

ティエリー・デデュー/作
柳田 邦男/訳

講談社

アフリカの奥地の村、少年ヤクーバは戦士になるためライオンをひとりでたおさねばならなかった。ヤクーバがであったライオンは傷をおい、立つこともできないほど弱っていた…。真の勇気とはなにか問いかける絵本です。
シリーズで「ヤクーバとライオン?U信頼」も図書館にあります。


やまんば山のモッコたち

富安陽子 作
降矢奈々 画

福音館書店

昔からモッコが住むという山姥山。この山では、山姥や河童、天狗に雪女、大きな鬼から、名も知れぬモッコたちまでが、気ままにくらしていて、めったに人間が立ち入ることはできません。けれども、ほんのときたま、山姥山への入り口がぽっかり開くことがありました。ある冬の日、啓太は山姥のひとりむすめ「まゆ」と出会いました。


ヤモリの指から不思議なテープ自然に学んだすごい!技術

松田素子・江口絵里/文
石田秀輝/監修 
西澤真樹子/絵 

アリス館

ヤモリはなぜ、壁や天井を歩き回れるのでしょうか?蚊の針はなぜ超極細針なのに血が通るのでしょうか?この本は、人類が自然から学んだすごい技術を紹介しています。ヤモリの足の裏をヒントにした新しい粘着テープや、蚊が教えてくれた痛くない驚きの注射針など、16のテーマをイラストで楽しく説明しています。自然の中の「なぜ?」からその秘密をさぐり、それをどうやって人間の技術としていくのかが書かれています。動物や植物たちのすごさを実感でき、家族で楽しめる一冊です。


妖怪一家 九十九さん

富安陽子/作
山村浩二/絵 

理論社

化野原団地東町三丁目B棟。その地下12階に、九十九さんの一家は住んでいます。
でもこの一家、ただの家族ではありません。ヌラリヒョン、ろくろっ首、やまんば、見越し入道、一つ目小僧、アマノジャク、そして、人の心をなんでも見ぬくサトリという妖怪が一つの家族として暮らしています。そう、この団地には、人間はもちろんのこと、妖怪も暮らしているのです!彼らが人間と共に暮らすうえで、いちばん大切なルールは「ご近所さんを食べないこと」。
ちょっぴりこわくて、ちょっぴりおかしい、でもこんなご近所さんがいたらステキかも!
あなたもちょっぴりこの団地の生活をのぞいてみませんか?


妖怪図鑑

常光徹 文
飯野和好 絵

童心社

緑のカッパが表紙からこっちをみてる。顔半分だけみせて…。残りの半分に自分の顔をくっつけて、顔をみてごらん。う〜ん! ブ☆キ☆ミ。 おなじみのてんぐ、やまんばにはじまって、現代の妖怪、百キロバアに人面犬まで、47の妖怪が登場。ちなみに裏表紙は、顔半分の赤てんぐです。


書名 著者 出版社 解説 詳細
ラビーニアとおかしな魔法のお話

ビアンカ・ピッツォルノ 作
エマヌエーラ・プッソラティ 絵
長野徹 訳

小峰書店

ラビーニアはマッチ売りの少女。今夜はクリスマスイブですが、マッチは一本も売れず、おなかをすかせていました。するとそこに、仮装パーティへ行くようなかっこうをした女の人があらわれました。その女の人は妖精で、たばこの火をかりたお礼にと、まほうの指輪をくれたのです。なんとその指輪は、すべてのものをウンチにかえてしまう指輪だったのです。


ランドセルがやってきた

中川 ひろたか 文
村上 康成 絵

徳間書店

ある日ようちえんから帰ってきた、うみひこくんに大きなプレゼントがとどいていました。だれからかな?なかみはなにかな?
みんなも1年生になりたてのころをおもいだし、よんでみよう。


ラ・モネッタちゃんはきげんがわるい

柏葉 幸子/作 
佐竹 美保/絵

偕成社

ラ・モネッタちゃんはいつもきげんのわるい王女さま。そんなラ・モネッタちゃんのところに、かていきょうしのバローロせんせいがやってきます。バローロ先生にはいじわるしてもダメージゼロ。ラ・モネッタちゃんのきげんはますますわるくなっていきます。そんな時、ひめぎみ小学校に大じけんが…。ラ・モネッタちゃんはこのじけんにどうたちむかうのか、そして、バローロせんせいとなかよくなれるのでしょうか。


リサイクルおてつだいロボット くるくる☆クルリンちゃん

3年5組 さく・え

アガサス

くるくる☆クルリンちゃんは、リサイクルのおてつだいをしてくれる、とてもはたらき もののロボットです。この本を読むと、リサイクルのしくみがよくわかります。みな さんも、リサイクルがスムーズに進むように協力してくださいね。


リューンノールの庭

松本祐子 作
佐竹美保 絵

小峰書店

中学1年の未散(みちる)あてに、児童文学作家の"水無月サナ”から招待状が送られてきた。未散は大ファンの作家からの招待状で大喜びするが、サナが一度も会ったことがない叔母の沙耶子だと聞かされる。夏休み中滞在することになった叔母の家で、未散が体験する不思議な出来事とは…?


ルルとブロントサウルス

ジュディス・ヴィオースト 文
レイン・スミス 絵

小学館

わがままな女の子ルルは、たんじょう日のプレゼントに、ペットにするブロン トサウルスがほしいと言いました。でも、パパとママに「ぜったいにだめ」と 言われてしまいます。ゆかにひっくりかえり、手足をバタバタさせてあばれて も「だめ」。どうしてもブロントサウルスがほしいルルは、自分でつかまえよ うと森へ出かけますが、ヘビやトラ、クマがルルの行く先をじゃまします。ル ルは、ブロントサウルスを見つけ家につれてかえることができるでしょうか。


書名 著者 出版社 解説 詳細
わかもとの知恵

筒井康隆 著
きたやまようこ 画

金の星社

でそうなあくびを止める知恵、あらった犬の体をはやくかわかす知恵、坂道や階段を楽にあがる知恵、いいアイデアを出す知恵、犬にほえられたときの知恵など、知っていると一生役に立つおもしろい生活の知恵がいっぱいの本です。さあ、みんなでためしてみよう!


吾輩は猫である 声にだすことばえほん

夏目漱石 文
武田美穂 絵
齋藤孝 編

ほるぷ出版

明治時代に書かれた名作の絵本版。本の名前だけは知っている人も多いと思います。ネコの目をとおして人間の生活をおもしろく書いています。興味をもった人は小説のほうも読んでみてください。


わくわくサイエンスマジック

日本科学協会 編
原体験教育研究会 編

海竜社

親子であそべる化学実験、体験がいっぱい。科学の不思議、生物の秘密が体験できる。夏休みじゃなくてもためしてみたくなる実験がいっぱい!


ワクワクわかやま和歌祭

みさき ようこ 著

野うさぎの森

6年生の友達が総合学習の授業で和歌祭について調べるという設定で書かれた図書です。みんなの仲間がさしえを描いています。


わたしから、ありがとう。

中島啓江 原案
川原まり子 作・絵

岩崎書店

クラスのいじめられっこのももちゃん。いちばんのみかたは、おかあさん。ある日ももちゃんはてんこうすることに…。大好きなおかあさんに、いじめっこにも「ありがとう」といいなさいといわれ、ももちゃんは…。


わたしのろばベンジャミン

ハンス・リマー 文
レナート・オスベック 写真
松岡享子 訳

こぐま社

ある日、パパと散歩に出かけたズザンヌは、生まれたばかりのろばの赤ちゃんを見つけ、家に連れて帰り、ベンジャミンと名づけます。どのページをめくっても、スザンヌとベンジャミンの愛らしさがいっぱい。今から25年以上も前に出版され、世界の多くの子ども達に愛読されているモノクロ写真絵本。


ワニがうちにやってきた

ポール・ファン・ローン 作
ジョージーン・オーバーワーター 絵
若松宜子 訳

岩崎書店

ペットがほしい女の子エミーの誕生日に届いたのは、なんと、ワニのたまごだった。体がばらばらになるくらい強く思うと願いはかなうという郵便屋さんの言葉を聞いて、エミーはたまごがかえるように強くおねがいした。すると…? エミーとネリーおばあちゃんがペットを守るためにまきおこす大騒動。


ワンピース戦争

丘修三 文
杉浦範茂 絵

童心社

わんぱくなゲンちゃんが、ピンクのワンピースを着て学校に来たもんだから、みんな大さわぎ。アンドー先生はカンカン。子どもは子どもらしく、男は男らしく、女は女らしくしろ!なんていうんだ。禁止されればやりたくなるのが人情さ。男の子と女の子の服をとりかえて、ファッションショーをひらこう!先生とぼくたちの「ワンピース戦争」がはじまった。


わかやましみんとしょかんじどうしつ/〒640-8222 和歌山市湊本町3丁目1番地 電話 073-432-0010