工野 儀兵衛(くの ぎへえ)
工野 儀兵衛
安政元年(1854年)~大正6年(1917年)
日高郡美浜町 生まれ

 安政元年(1854年)、三尾村(現:美浜町)に生まれる。14歳で京都の宮大工の棟梁に弟子入り、19歳のとき三尾村に帰り弟子を迎え、棟梁として本格的に仕事を始める。
 明治16年(1883年)頃、村に防波堤建設が計画され、土木技術に長けた儀兵衛は入札に応じたがまとまらなかった。そんな時、外国航路で働いていた従弟から誘いを受け、カナダへの夢を抱くようになる。明治19年(1886年)、海外雄飛のため横浜へ向かう。海外航路の船員達からカナダのスティブストンは農業や漁業の将来性があるという話を聞き、カナダ行きを決意。
 明治21年(1888年)横浜を出航して、カナダ・バンクーバーに到着した。フレザー河を上る鮭の大群に驚き、「フレザー河にサケが湧く」と三尾村に報告した。漁業の将来性を見て村人を呼び寄せ、以後三尾からの移民は毎年数十名を数える。多くの村民を移民させた儀兵衛は、カナダで食料品店兼旅館(村民の下宿所)を経営し、移民生活に貢献した。
 明治44年(1911年)12月、持病のリューマチが悪化したため、財産を佳二郎に譲り、孫の雪子とともに帰国。 大正6年(1917年)8月12日、病状が悪化し満63歳で亡くなった。
 儀兵衛の呼び寄せに始まるカナダ移民は、「カナダの三尾村」を作り、母村は「アメリカ村」と呼ばれるようになった。移民によって村の財政を支えるほどになり、周辺の経済や文化に大きな影響を与えた。また、カナダ太平洋岸の鮭漁業の発展に大きく貢献したのである。
 この功績を称え、昭和6年(1931年)、郷里に顕彰碑が建立された。また、平成元年(1989年)にはカナダ和歌山県人会によりスティブストンのフレザー河畔に「工野庭園」が造園され、リッチモンド市に寄贈された。